東京都が待望の同性パートナーシップ証明書を発行 | 日本

hobokenobserver.com


東京都は火曜日、首都に住み、働く同性カップルにパートナーシップ証明書を発行し始めた.

このステータスには結婚と同じ権利はありませんが、住宅、健康、福祉などの分野で、LGBTQ のパートナーが夫婦として扱われることを認めています。

東京の渋谷地区が2015年に同性パートナーシップ制度を導入して以来、日本の200以上の地方自治体がすでに同性パートナーシップを認める動きを見せている.

小池百合子東京都知事によると、先週金曜日の時点で、137組の夫婦が証明書を申請した.

東京の居住者と通勤者の両方をカバーする同性パートナーシップ証明書の導入が、日本での反LGBTQ差別との戦いに役立つという支持者の間での期待は高い.

ミキとケイティは、彼らの関係の公式の証拠を持っていない人々の中にいます.

「私の最大の恐怖は、緊急時に見知らぬ人として扱われることでした」とミキは AFP に語った。

パートナーシップ証明書がなければ、ファーストネームで呼ばれるように頼んだ夫婦は、相手の連絡先の詳細が書かれたメモを財布の中に入れていました.

「しかし、これらは実質的なものではなく、地方自治体によって認証された公式文書がより効果的であると感じました」と三木は言いました.

東京の自宅で猫と遊ぶパートナーのケイティとミキ。
ミキとケイティは長い間関係を公式に証明することができなかったが、パートナーシップ証明書を歓迎した. 写真: Yuichi Yamazaki/AFP/Getty Images

「これらのパートナーシップ システムを利用する人が増えれば増えるほど、私たちのコミュニティは、本当の自分を隠すことなく、家族や友人に自分たちの関係について話すようになるでしょう。」

近年、日本は性の多様性を受け入れる方向に小さな一歩を踏み出している。

同性婚の支持を表明する企業が増え、同性愛者のキャラクターがテレビ番組に出演するようになりました。

公共放送局NHKによる2021年の調査によると、国民の57%が同性婚に賛成、反対は37%だった。

しかし、ハードルは残っており、6月に大阪の裁判所は、同性婚を認めていないことは合憲であるとの判決を下した.

これは、現在の状況が憲法で保障された日本の平等の権利を侵害しているとの昨年の札幌裁判所による画期的な判決を受けて、運動家にとって後退を示した.

岸田文夫首相は、国家レベルで同性パートナーシップを認める法改正の可能性について慎重でした。

ケイティさんはAFPの取材に対し、「一部の政治家は、私たちは精神的に病んでいるなど、非常に否定的なコメントをしています。

「しかし、家族は常に母親、父親、2 人の子供で構成されているわけではありません。 私たちはもっと柔軟であるべきです」と彼女は言いました。

配偶者が死亡した場合の相続権は依然として保証されておらず、配偶者ビザのステータスがないため、ケイティが日本に滞在する能力は安定していません.

「日本人の同性婚に対する理解度は十分に高まったと感じています」と三木さん。

「あとは、政策立案者が真剣に取り組み、変更を加えるだけです」.



Source link