ロシア・ウクライナ戦争:国連査察官はロシアの「汚い爆弾」主張の証拠を見つけられない


クレジット…ニューヨーク・タイムズのアイヴァー・プリケット

キエフ、ウクライナ — 2 月にロシア軍がウクライナに侵攻した翌日、ロシア軍は南部の港湾都市ヘルソンを占領し、主要な地域管理棟の上に三色のロシア国旗を掲げました。 木曜日に、旗はもうありませんでした。

一部の住民によると、ロシアの兵士、パトロール、検問所も市の中心部で非常に不足しているという。

過去 2 週間、ロシア占領軍の文民政権は着実に一掃し、南東 50 マイルにある川の向こう側に新しい本部を設置したため、価値があると思われるものは何でも取り上げている、と住民とウクライナ当局者は言う。

しかし、木曜日に本庁舎からモスクワの国旗が明らかに撤去され、ヘルソン中心部で目に見えるロシア兵が不足していることは注目に値し、住民はそれが何を意味し、次に何が起こるのか疑問に思っていた.

それはほぼ間違いなく、都市のための戦いの終わりを示していませんでした. ウクライナ軍がゆっくりと前進する中、住民は戦闘に備え、食料と水を蓄え、避難所を準備していると語った。

ロシア人は、ヘルソン地域の首都である都市とドニプロ川の西岸の外で、最近、防御陣地を強化しているのが見られました。 ロシアが支配する領土に向かって川を渡った兵士の大規模な移動の視覚的な証拠はありません。

空の旗竿の写真は、木曜日にロシアとウクライナのソーシャルメディアで急速に広まった. 「今日、三色のロシア国旗がすべての行政施設から撤去されたと言えます」と、ヘルソン地域のウクライナ当局者、セルヒー・クランは語​​った。 「ウクライナの旗がすぐにそこに掲揚されることを願っています。」

ウクライナの軍事情報機関によると、ロシアは、クレムリンの支配下にある唯一の地域首都であるヘルソン市があるドニプロ川の西岸に、ウクライナ軍が奪還するのを阻止しようと、約 40,000 人の兵士を配備した。 ウクライナ人は北と西から街に進軍しているが、ロシアの激しい抵抗に直面し続けている.

ウクライナの当局者は、都市の喪失はクレムリンにとって大きな戦略的かつ象徴的な損失になるため、都市の戦いは残忍なものになると予想している. そして彼らは、モスクワがウクライナ軍を罠に引き込むための撤退の錯覚を作ろうとしている可能性があると警告している.

市内のインターネットと電話サービスは信頼できませんでした。 ある居住者のオレクサンドルは、市場に向かう途中、ロシア国旗が地方政府の建物と「いわゆる省庁」から取り除かれているのを見たとテキストメッセージで述べた。 彼は、安全上の懸念からフルネームを使用しないように求めました。

「一方ではそれを見てうれしかったが、他方では、今は無政府状態になるのではないかと心配している. 「そのため、今後数日または数週間で街を移動しても安全かどうかわからないので、余分なものを購入しました。」

イヴァンという名の住民によると、人々は爆弾が落ち始めるのは時間の問題だと信じているが、街には明らかなパニックはほとんどない. 住民は、ガソリンや薪だけでなく、水や保存食も備蓄している、と彼は言った。

「彼らは地下室を片付け、物資を供給しています」と彼は言いました。

過去 2 日間、私服に身を包んだ占領当局が地方政府の建物から物資を奪い、家具や事務用品、さらには配管設備まで持ち去るのを見た、と Ivan 氏は語った。 市内では制服を着た兵士が不足している、と彼は言った。

街の外で戦闘が激化する中、ウクライナはベルギーとほぼ同じ大きさの地域で、過去2か月間で100以上の町や村を奪還したと主張している.この街を担当する占領当局は、その撤退を公然と発表した. Ivan は、彼と他の人々は、それが良い兆候ではないかもしれないと恐れていると言いました。

「防衛線が突破された場合に、簡単に街を砲撃できるように、彼らは人員を取り除いていると思います」と彼は言いました。

ロシアの侵略軍ブロガーは、木曜日に心配しているように見えた. 軍隊の避難の可能性について話している人もいました。 他の人々は、ロシアがウクライナ軍を罠におびき寄せているのではないかと期待していた。

ロシアの国営テレビで、クレムリンが任命した占領政府のキリル・ストレムソフ副長官は、ロシア軍が東岸に移動する可能性が「最も高い」と述べ、ドニプロ川の両側にある地域から避難するよう人々に促し続けた。

ロシアのタブロイド紙コムソモリスカヤ・プラウダのジャーナリスト、アレクサンドル・コッツは、ロシア国旗のない主要な行政庁舎のビデオを投稿した。 別のビデオでは、彼はまだ旗がはためいている市庁舎を含む他の政府関連の建物を通り過ぎました。

アンナ・ルキノワ 報告に貢献しました。



Source link