不況の予測の中で、イングランド銀行は金利を引き上げます


これは、数十年で最高のインフレと潜在的な不況に直面して、金利を急速に引き上げている多くの中央銀行にとっての課題です。 水曜日に、連邦準備制度理事会は金利を 4 分の 3 パーセント引き上げました。これは 4 回連続で行われました。 先週、欧州中央銀行は、インフレ率が上昇する可能性があるとして金利を 4 分の 3 ポイント引き上げましたが、銀行は経済が弱体化していることを強く強調しました。

英国では、6週間前の銀行の最後の政策会議以来、財政政策に「重要な進展」があった、と木曜日の声明は述べた。 前回の会談の翌日、9月23日、トラス氏の財務相であるクワシ・クワルテン氏は、英国の財政政策を銀行の金融政策と衝突するコースに設定する一連の資金不足の減税を発表した。

2 週間前、トラス氏は辞任し、彼女の後継者であるリシ スナック氏は、財政に対して別のアプローチをとるつもりであることを明らかにしました。 今月後半、彼とジェレミー・ハント財務長官は、英国の債務削減計画とともに、増税と歳出削減を発表する予定です。

英国が指導者を交代して以来、債券利回りのプレミアム(リスクの増加により買い手が支払うと予想される追加の金額)の多くは低下しましたが、最近の政治的および金融的ボラティリティーの発作による影響がすべてなくなったわけではありませんとベイリー氏は語った。 市場の流動性は以前の状態には戻っておらず、「英国の政策に疑問が生じており、それはある程度の持続的な影響を与えるだろう」と彼は付け加えた. 「それを過去のものにするために、私たちは非常に懸命に働かなければなりません。」

同行は木曜日、これまでに発表されたエネルギー法案の凍結、健康保険税の廃止、住宅購入税の減税などの財政措置により、3か月前の銀行の予測よりも多くの需要が高まると述べた.

ベイリー氏を含む銀行の9人からなる金利設定委員会の7人のメンバーは、国内の物価と賃金に堅調なインフレの兆候があり、高インフレがより持続するリスクがあると指摘し、0.4ポイントの利上げに賛成票を投じた。 例えば、労働市場は引き締まった状態が続いており、インフレを相殺するには不十分であるものの、賃金を押し上げていた長期の病気のためなど、仕事を休んでいる人が予想よりも多くなっています。

委員会の他の2人は、生活費の危機は過度の引き締めに注意を払う必要があり、金融​​政策はすでに制限的であると主張して、それぞれ0.5ポイントと4分の1ポイントの引き上げに投票しました。



Source link