G7、中国に威嚇や武力行使を控えるよう促す


[ミュンスター(ドイツ) 4日 ロイター] – 主要7カ国(G7)は4日、中国に対し、「脅迫、威圧、恫喝、武力の行使」を慎むよう促し、安全保障を含む地球規模の課題に取り組むため、可能な場合は協力するという目標を表明した。世界の健康と気候。

世界で最も裕福な 7 つの民主主義国の外相による 2 日間の会議を締めくくる穏やかな言葉遣いのコミュニケは、台湾海峡における平和と安定の重要性を繰り返し表明しました。

米国務省高官は先に、与党共産党の会議を受けて、中国の習近平国家主席の野望に対する協調的な対応の必要性についてG7がますます合意に達していると述べたが、コミュニケは共通の目標には言及していない.

この集会は、ドイツのオラフ・ショルツ首相による中国への 1 日訪問と重なっており、ドイツが安全保障や戦略的考慮事項よりも最大の貿易相手国との経済関係を優先し続けるのではないかという懸念が強まりました。

これは、近年中国に対してより強硬な姿勢をとろうとしてきた西側の同盟国の間で分裂を招く可能性がある.

G7コミュニケは、「中国に対し、脅威、強要、恫喝、または武力の行使を控える必要があることを再認識させる」と述べた。 「私たちは力や強要によって現状を変えようとするいかなる試みにも強く反対します。」

G7は、中国が今年初めに台湾の近くで戦争演習を行った後、「東シナ海と南シナ海とその周辺の状況について深刻な懸念を抱いている」と述べた.

中国は自治島を自国の領土であると主張しており、島を支配下に置くための武力行使を決して放棄していません。

さらにG7は、新疆ウイグル自治区やチベットなどで報告されている人権侵害と虐待、および「香港の権利、自由、自治の継続的な侵食」について、中国に引き続き懸念を表明すると述べた。

米国務省の高官は記者団に対し、過去1年半で「国内だけでなく世界的にも、中国の最終的な戦略が何であるかについての意見の収斂が進んでいる」と語った。

「党大会を終えて、習近平国家主席の最終的な野心と、それに対する協調的な対応の必要性についての認識が高まっていると思います」と彼は匿名を条件に語った.

「来年の日本議長国に向けて、それがこのグループの焦点になると思う」と彼は指摘し、来年初めに日本がドイツからG7の輪番議長国を引き継ぐことに言及した.

中日関係は、第二次世界大戦中の日本の侵略と地域対立の遺産である、東シナ海にある小さな無人の小島群をめぐる論争に長い間悩まされてきた.

金曜日、日本の産経新聞は、日本政府と中国政府が習主席と日本の岸田文夫首相との会談を11月中旬に計画し始めたと報じた。

欧州連合(EU)のジョセップ・ボレル外交政策責任者は、中国を2月にウクライナに侵攻したロシアと同じカテゴリーに入れるべきではないと警告した。

ボレル氏は記者会見で、「中国がより自己主張を強め、自立の道を歩んでいることは明らかだ」と語った。

「しかし、当分の間、多くの加盟国は中国と強い経済関係を築いており、中国とロシアを同じレベルに置くことはできないと思います。」

G7は声明の中で、健康や気候変動などの地球規模の問題について、「可能であり、我々の利益にかなう場合、中国との建設的な協力」を目指していると述べた。

Humeyra Pamuk、Sarah Marsh、Sabine Siebold による報告。 サラ・マーシュによる追加報告。 フィリッパ・フレッチャーとジョナサン・オーティスによる編集

当社の基準: Thomson Reuters Trust Principles。



Source link