嵐の直撃により、1,000 人近くの移民が NGO の船に取り残されました。 移行ニュース


地中海で慈善団体が運営する 3 隻の船は、イタリアまたはマルタで下船する許可を待っています。

国境なき医師団 (Medecins Sans Frontieres、または MSF)、SOS Mediterranee および SOS Humanity が運航する船は、合計で 1,000 人近くの人々を乗せて 1 週間以上海に出ています。

イタリアの新しい右翼政府は、下船要求の受領を認めたが、入港には青信号を出すまでには至らなかった.

ゲオ・バレンツに乗船している MSF のチームリーダー、リッカルド・ガッティ氏はアルジャジーラに対し、ビデオメッセージを通じて、「最新の要請は昨夜行われたが、返答はなかった」と語った。

マルタ政府に転送された同様の要求は、承認されていません。

ガッティ氏は土曜日、ゲオ・バレンツがイタリアの海域に入って嵐からの避難所を探し、生後11か月と妊婦3人を含む572人を乗せたと語った。

MSF のメディア アドバイザーであるカンジダ ロベスは、水は配給制で、食糧供給も減少していると述べた。 過密状態のため、呼吸器感染症や皮膚感染症も広がっていました。

「状況はまったく受け入れられません」とロベスは言いました。

国際義務

ヨーロッパの海事人道組織 SOS Mediterranee は、当局に対し、国際的な義務を遵守し、予測可能な下船システムを提供するよう求めました。

組織は木曜日の声明で、「海での苦痛から救出された生存者は、もはや政治的議論に取引されてはならない」と述べた.

SOS Mediterranee の広報担当者である Elisa Brivio 氏はアルジャジーラに対し、40 人の同伴者のいない未成年者を含む 234 人がオーシャン バイキング船に乗船していると語った。

「誰もがデッキの下で眠れるわけではありません。私たちは女性と子供を優先します」とブリビオは言いました。 「他の人たちは外で寝ていて、昨日、風や嵐から彼らを守るために保護テントを設置しました。」

救出された人々の多くは、拷問や虐待の痕跡を残しています。

SOSヒューマニティの運営責任者であるティル・ルメンホール氏は、ヒューマニティ1号に乗っていた179人は「激しい暴力に直面したリビアの収容所から逃れてきた」と語った。

どの国も安全基地を提供しない場合、それらは公海に押し戻される可能性があります。

「[This] 国際法とジュネーブ条約に明らかに違反するだろう」とルメンホール氏はアルジャジーラに語った。 「亡命を申請し、安全を求めることは彼らの人権です。」

イタリア極右政権

イタリアは先月、第二次世界大戦後初めて極右主導の政府を樹立し、Giorgia Meloni が首相に就任した初の女性となった。

ローマは、これらの NGO 船が掲げている国旗を掲げている国が、乗船している移民と難民に対して責任を負うべきだと主張している。

ノルウェーの旗を掲げたオーシャンバイキングとジオバレンツ、およびドイツの旗を掲げたヒューマニティ1はドッキングを妨げられましたが、木曜日にカラブリアに到着した456人を乗せたものを含むイタリアのパトロールは下船が許可されました.

イタリアのマッテオ・ピアンテドシ新内相は地元メディアに対し、政府は旗国に「即時の合図」を送るつもりだったと語った。

「地方当局との調整なしに組織的に運航する外国船によって海で集められた移民の負担に耐えることはできません」と彼は言いました。

ピアンテドシは、非政府グループが救助を適切に調整しなかったことで手順に違反したと主張して、新しい措置を起草し、イタリアが港を閉鎖するための基礎を築いた.

慈善団体は、手順を回避することを否定し、海で遭難した人々を救助することが彼らの義務であると述べています.

ドイツ大使館は今週、NGO船が海での人命救助に重要な貢献をしたと述べ、イタリアに迅速な支援を要請した.

ノルウェーは、ノルウェー船籍の民間船に乗せられた人々に対して、人権条約や海洋法の下で責任を負わないと述べた。

国連難民機関によると、イタリアやマルタなどの沿岸国は、「実行可能な限り早く」救助船から人々を受け入れる義務があり、政府は生存者に安全な場所を提供するために協力する必要があります。

「イタリア政府とマルタ政府がまだ彼らに安全な場所を提供していないというのは、率直に言ってばかげている」と、アムネスティ・インターナショナルの亡命と移民に関する研究者であるマッテオ・デ・ベリスはアルジャジーラに語った。

「この事件は、新政府が2018年と2019年にすでに実施された政策を復活させているため、特にイタリア当局による後退を示しています」とDe Bellisは付け加え、当時の内務大臣と極右指導者マッテオ・サルビーニ。

「これらの政策は国際法に違反しており、今後も違反し続ける」と彼は述べた。

「ヨーロッパ諸国が困っている人々を支援する責任を共有しなければならないことは明らかですが、イタリアとマルタが海で救助された人々に安全な場所を提供することを保証するために誠意を持って協力しなければならないことも同様に明らかです。」



Source link