COP27 で、発展途上国は汚染者へのメッセージを持っています: 支払ってください


エジプトでは、容赦ない熱波の下でオリーブの収穫がしぼんでいます。 フィジーでは、海面上昇から逃れるため、村全体が内陸に避難しています。 パキスタンでは、この夏の洪水で 1,700 人が死亡し、国土の 3 分の 1 が水没しました。

これらの国々は、気候変動による不可逆的な被害に直面しているにもかかわらず、危機の原因となる対策をほとんど講じていない多くの開発途上国の 1 つです。 そして彼らは、責任があると見なす当事者に補償を要求しています。裕福な国は、何十年にもわたって石油、ガス、石炭を燃やし、地球を危険なほど加熱している汚染を引き起こしてきました.

文化や何世紀にもわたって、隣人の財産に損害を与えた場合、返還する義務があるという考えは、聖書にも見られる一般的な概念です.

しかし、法的および実際的な問題として、その原則を気候変動に適用することは非常に困難でした. 米国や欧州連合などの豊かな国は、貧困国がすでに進行中の気候災害に対して明示的に補償するという考えに反対しており、無制限の責任を負う可能性があることを恐れています.

日曜日にエジプトのシャルム エル シェイクで国連気候変動会議が開かれると、損失と被害に関する議論が中心になります。 開催国であるエジプトと、発展途上国77カ国を率いるパキスタンが、初めてこの問題を正式な議題に載せることに成功した。

国連の気候責任者であるサイモン・スティエルは、それを議題に含めるという決定は、サミットの終わりまでに妥協するための「良い前兆」であると述べました。

アフリカ大陸では、気候変動によって干ばつが激化し、何百万もの人々が飢饉の危険にさらされています。 また、科学の発展により、研究者は地球温暖化が災害に果たす役割を定量化できるようになり、1850 年以降、すべての熱を閉じ込めるガスの半分を排出してきた豊かな国が重大な責任を負っているという主張が強化されました。

パキスタンの外相ビラワル・ブット・ザルダリ氏は9月、地球温暖化によって悪化したと科学者が指摘する同国の壊滅的な洪水について議論し、「私たちが求めているのは慈善でも、施しでも、援助でもなく、正義である」と述べた。 「今日、3,300 万人のパキスタン人が、より大きな国の工業化のために、自分たちの生活と生活の形で支払っています。」

昨年、裕福な国々は、2025 年までに年間 400 億ドルを提供して、洪水防御の構築などの気候適応策で貧しい国々を支援することを約束しました。 しかし、国連の報告によると、これは発展途上国が必要とする量の 5 分の 1 にも満たないものです。 これにより、各国が自衛できない気候災害の余波に対処するために、損失と損害に対する個別の資金調達を求める声が高まっています。

高まる圧力に直面して、バイデン大統領の気候特使であるジョン・ケリーは、損失と損害に対する資金提供のアイデアを議論することに同意しました。

しかし、それは新しい基金への同意とはかけ離れています。 米国は、貧しい国々がよりクリーンなエネルギーに移行したり、防波堤を建設して気候変動の脅威に適応したりするのを支援するという以前の約束にすでに遅れをとっています。 昨年、上院民主党は 2022 年の気候変動対策資金として 31 億ドルを求めましたが、確保できたのは 10 億ドルにすぎませんでした。 気候変動対策に大方反対している共和党が火曜日の中間選挙で勝利を収める態勢を整えているため、新しい資金の見通しは暗いように見える。

オレゴン州の民主党員であるジェフ・マークリー上院議員は、「政治的基盤がまったくない」と述べ、米国には損失と損害に対処する「道義的責任」があると信じていると付け加えた.

欧州の人々は、基金に同意したとしても、次期米国大統領がその考えを否定した場合、彼らはバッグを保持したままになる可能性があることを心配しています.

ケニア北西部の半乾燥地域で、国内で最も貧しい地域の 1 つであるトゥルカナでは、損失と被害は決して抽象的なものではありません。

この地域は現在、4 年連続で極度の干ばつに見舞われており、一部の科学者は長期的な乾燥傾向を見ています。 トゥルカナの 90 万人の住民のほとんどは、家畜を飼って生計を立てている牧畜民であり、水不足のために群れが滅びるのを見てきました。 人口の半分が飢餓に直面しています。 一部の遊牧民は、より緑豊かな牧草地を求めてウガンダや南スーダンに渡り、激しい紛争を引き起こしています。

地方当局は、帯水層を利用するための井戸をさらに掘削し、雨が降ったときに水を貯めるためにダムを建設し、人々がより回復力のある農業形態に移行できるよう支援するなど、適応するための緊急の計画を作成しました。 しかし、お金はハードルです。 トゥルカナ郡の気候変動担当ディレクターであるクレメント・ナディオ氏は、完全な計画には年間約2億ドルの費用がかかる可能性があり、これは郡の年間予算の2倍になると述べています。

そのため、トゥルカナは現在の危機で深刻な脆弱性を抱えています。 当局は今年、緊急食糧援助の提供に苦労しており、将来の干ばつに適応するためのリソースが少なくなります。

「今、私たちは命を救い、栄養失調に対処することに集中する必要があります」とナディオ氏は言いました。 「しかし、将来の気候変動に対する人々の回復力を高めることにも注力する必要があります。 私たちは最善を尽くしています。 しかし、私たちが利用できる資金ですべてを行うことはできません。」

国連は損失と損害を正式に定義していませんが、地球温暖化によって悪化した異常気象によって引き起こされる破壊を含む可能性があります。 2019 年、ハリケーン ドリアンがバハマを圧倒し、時速 185 マイルの風と 23 フィートの高潮をもたらし、住宅、道路、空港を破壊しました。 被害額は 34 億ドルで、これは米国経済の 4 分の 1 に相当します。

また、高潮や大雨が生産を妨げたために仕事を失ったバングラデシュの塩農家や、古代の埋葬地が海に転落するのを見たミクロネシアのコミュニティの場合のように、定量化が難しいゆっくりと移動する損失も含まれる可能性があります。侵食する海。

バルバドスの首相顧問であるアビナッシュ・ペルサウド氏は、「排出量を早期に削減していれば、適応する必要はなく、早期に適応していれば、損失や損害は発生しなかったでしょう」と述べています。 「しかし、私たちは十分に早く行動しなかったので、今は 3 つすべてを行う必要があります。」

定義が広いため、損失と損害がどれだけの金額になるかを正確に計算することは困難です。 頻繁に引用されるある研究では、発展途上国は、適応努力を行った後でも、2030 年までに年間 2,900 億ドルから 5,800 億ドルの気候被害を受ける可能性があると推定されています。 それは 2050 年までに 1.7 兆ドルに達する可能性があります。

過去に裕福な国は、そのような災害は既存の人道援助や保険によって軽減できると示唆してきました。

発展途上国は、それは受け入れられないと言います。 いくつかの推定によると、気象災害後の国連の寄付要請の半分以上がすでに満たされていません。 また、上昇する海にすぐに飲み込まれてしまう住宅には、保険は効きません。 代わりに、貧しい国は再建のために借金を負うことを余儀なくされています。

小島嶼国同盟の上級顧問であるリア・ニコルソン氏は、専用の損失と損害の資金がなければ、気候の影響により、島嶼国は「持続不可能な債務を抱え、開発が停止し、無作為の慈善行為の人質になる」と述べています。

莫大な資金がかかっているため、エジプトでの損失と損害に関する議論は論争の的となることは間違いありません。

舞台裏では、米国の当局者は、新しいファンドの定義が不十分で扱いにくい可能性があることを懸念していると述べています。

一部の裕福な国は、現在世界最大の排出国である中国や、カタールやサウジアラビアなどの化石燃料輸出国も貢献すべきだと述べています。 これらの国々は伝統的に気候変動対策に責任を負っていないため、これは大規模な戦いに拍車をかける可能性があります。

おそらく最大の課題は、それぞれの側が掘り下げられていることです。発展途上国と活動家は損失と損害を正義の問題と見なしますが、裕福な国は非難を受け入れるという考えに真っ向から立ち向かいます。

ケリー氏は、1880年代から電力用に石炭を燃やし、歴史的に最大の排出国である米国が気候変動の責任を負っていることを認めました。 しかし、彼はまた、1980年代までに、政府が石油、ガス、石炭からの二酸化炭素排出が地球を温暖化させていることに広く同意したとき、新興国も化石燃料を燃やしていると主張した.

「そこから測定したいのであれば、私たちが行っている速度で、いくつかの国が過去の排出量を凌駕する能力を持っています」とケリー氏は言いました. 「そうですね、私たちは石炭を燃やしてこれを行いました。 しかし、他に誰が石炭を燃やしたと思いますか? それらの他のすべての国。 彼らは免除されていますか?

国家が、少なくとも原則として、損害賠償基金を創設することに同意した場合、彼らは困難な問題を乗り越えなければならないでしょう。 お金を最も必要としている人々に利益をもたらす方法でお金が使われることを保証するにはどうすればよいでしょうか?

David Michael Terungwa は、ナイジェリアの食料安全保障と生態系保護のためのグローバル イニシアチブの代表です。 彼は最近、ベヌエ州の友人の家が洪水で水没し、10 万人以上が避難し、14 万ヘクタールの農地が破壊されたことを知りました。

「私は、洪水で鶏をすべて失った若い男性と話をしました」と、テルングワ氏は言いました。 「もし何か、気候保険があれば、それを取り戻すことができ、彼は人生をやり直すか、ビジネスを始めることができました。 損失と損害について話し合うとき、これが私が考えるものであり、地元の農家です。」

しかし、彼はまた、将来の災害で流されてしまう脆弱な地域で政府が単に再建するためにお金を使うのではないかと心配していると述べた.

開発途上国は、このような質問は何もしない理由にはならないと言います。 最初のステップは、損失と損害に対する資金提供が存在すべきであることに同意することです。 詳細は後で解決できます。

今のところ、損失が続いています。

都市の外にオリーブ畑を所有しているカイロ大学の農業教授であるハッサン・アボウ・バクルは、繰り返される熱波が彼の作物を荒廃させ、繁栄に必要な冬の「寒い時間」を奪い、うつ病に陥ったと語った. 今年、彼のオリーブはかつてないほど小さくなり、ほとんどが市場で拒否されました.

「気候変動は将来起こるものではありません」と彼は言いました。 「それは今ここにあり、私たちを襲っています。」

返還が助けになるだろうが、アボウ・バクル氏の懸念はそれだけにとどまらない。

「お金をあげることはできますが、オリーブの木はどうですか?」 彼は言った。 「私たちは木を守らなければなりません。」



Source link