フランス領ポリネシア、観光客数を制限


編集者注 — CNN Travel の週刊ニュースレター、Unlocking the World にサインアップしてください。 目的地のオープン、将来の冒険のインスピレーション、最新の航空、飲食、宿泊先、その他の旅行開発に関するニュースを入手してください。

(CNN) — フランス領ポリネシアの美しい島々は、地域が新しい持続可能な観光計画を発表するにつれて、訪れるのがより難しくなるかもしれません.

フランス領ポリネシア政府は、Fāri’ira’a Manihini 2027 (FM27) の 5 年間の戦略的使命の下で、地元住民 1 人あたりの外国人観光客の年間上限を約 280,000 人に設定することを目指しています。

南太平洋の国には、ボラボラ、モオレア、タヒチなどの人気の目的地があります。 その首都パペーテはタヒチにあります。

新しい訪問者数の上限がフランス国民に適用されるかどうかは不明です。

フランス領ポリネシアはフランスの領土であるため、フランスのパスポートを持っている人 (グアドループ、ガイアナなどに住んでいる人を含む) は、法律により海外からの訪問者とは見なされません。

FM27 文書は、観光が住民にとって重要な雇用と収入源であることを認めています。 ただし、訪問者の上限やその他の変更により、より思慮深い種類の観光がもたらされます。

この計画の下で、政府は「さまざまな種類の訪問者を多様化し、経済成長と環境の保護、人々の生活の質、そして私たちの遺産の評価とを調和させることを可能にする」ことを目指しています. また、世界のさまざまな地域からの訪問者を奨励することにも言及しています。

表明された最終目標は、「包括的で持続可能な観光モデルへの移行」です。

しかし、オーバーツーリズムが問題ではないのに、国が訪問者の上限を検討しているのは奇妙に思えるかもしれません.

世界銀行のデータによると、フランス領ポリネシアは 2019 年に約 300,000 人の訪問者を迎えました。これは過去最高の数字です。 しかし、この長期計画は、世界中の他のそのようなモデルの影響を受けた可能性があります。

中央アジアのブータン王国は、観光が政府によって慎重かつ思慮深く管理された場合に何が起こるかを示す例としてよく引き合いに出されます。 現在、同国は 1 人あたり 1 日あたり 200 ドルの「観光税」を課しており、熱心な旅行者以外は観光客から遠ざけられています。 次に、料金からのお金は、教育、医療などを提供することにより、地域社会を支援するために使用されます。
一方、ヨーロッパ各地の多くの人気観光地は、近年、観光客の流れに対抗するため、より厳しい措置を課さなければなりませんでした。

イタリアのベネチアは、オーバーツーリズムの被害が最も深刻な都市の 1 つです。 日帰り旅行者に日割り課税などの措置を課し(ホテル滞在による収入不足を補うため)、旅行者の流れを食い止めるために Airbnb に掲載されている宿泊施設を厳しく取り締まっています。

Getty Imagesによるフランス領ポリネシアのビーチの写真



Source link