何十年にもわたる抵抗の後、豊かな国は直接的な気候支援を提供します


エジプト、シャルム エル シェイク — 30 年間、発展途上国は先進国に対し、気候変動によって引き起こされた壊滅的な暴風雨と干ばつの費用を補償するよう求めてきました。 地球を危険なほど加熱している汚染を発生させた豊かな国は、同じくらい長い間、それらの呼びかけに抵抗してきました.

昨年の国連気候サミットでは、主催国であるスコットランドだけが、いわゆる「損失と損害」に対して 220 万ドルを拠出しました。 しかし、今週、ダムが壊れ始めた可能性があります。

日曜日、発展途上国の交渉担当者は、COP27として知られる今年の気候サミット、または第27回締約国会議の正式な議題にこの問題を載せることに成功しました。

バルバドスのミア・モトリー首相は火曜日、「議題に損失と損害を追加したことは重要な成果であり、私たちが長年戦ってきたものです。 「私たちには道徳的で正当な理由があります。」

会議の 3 日目の終わりまでに、いくつかのヨーロッパ諸国は、新しい損害賠償基金のために現金を約束しました。

スコットランドのニコラ・スタージョン首相は、COP27 の傍観者としてニューヨーク・タイムズのイベントに出席し、追加の 570 万ドルを約束した。

スタージョン氏は、「グローバル・サウスは、富裕国に対し、損失や損害の問題に対処するどころか、認めるよう求めなければならないと今でも感じている」と述べた。 「具体的な進歩を遂げる真の必要性があります。」

損失と損害に対する直接的な資金提供の約束は、前例からの大きな変化を表しています。 1850年以来、すべての熱トラップガスの半分を排出してきた裕福な国は、何十年もの間、貧しい国が気候災害から回復するのを助ける呼びかけを避けてきました。 そして、法的および実際的な問題として、「損失と損害」を定義し、それがどのくらいの費用がかかり、誰がいくら支払うべきかを判断することは非常に困難でした.

しかし、ますます壊滅的な火災、洪水、干ばつが地球の隅々に影響を及ぼし、開発途上国に不釣り合いなほどの影響を与えた後、西側の指導者たちは態度を変えました。

火曜日、欧州委員会の議長である Ursula von der Leyen は、気候変動の影響を受けている貧しい国のための新しい資金のアイデアを支持しました。

「COPは、気候変動による損失と被害を最小限に抑え、回避するために前進しなければなりません」と彼女は他の世界の指導者たちに向けて語りました. 「これを議題に載せる時が来ました。」

フォン デア ライエン氏の発言の直後、アイルランドのミシェル マーティン首相は、アイルランドは「最も脆弱な人々を気候変動による損失と被害から守る」ための新たな取り組みに 1,000 万ドルを約束すると述べました。

「世界的な気候変動の負担は、私たちの苦境に最も責任を負っていない人々に最も重くのしかかっています」と彼は言いました。 「気候正義がなければ、私たちが必要とする変化は見られないでしょう。」

オーストリアの気候大臣は、国が気候の影響に苦しんでいる開発途上国に5,000万ユーロまたは約5,000万ドルを支払うと述べました。 ベルギーも参加し、モザンビークに 250 万ドルの損失と損害の資金提供を約束した。 Demark は 9 月に、発展途上国での損失と損害に対して少なくとも 1,300 万ドルを支払うと述べた。

ドイツは月曜日に関連する動きを行い、オラフ・ショルツ首相は、気候の緊急事態が発生した場合に脆弱な国に保険の形を提供する新しいプログラムに1億7000万ドルを約束しました.

他の指導者は、本当の損失と損害の資金調達の時が来たと言いました。

米国の前副大統領であるアル・ゴア氏は月曜日、「政府が損失と損害と適応のためにお金を払うことを支持しますが、それは数十億または数百億の問題であることを明確にしましょう.

ゴア氏の発言の直後、フランスのエマニュエル マクロン大統領は、欧州はすでに貧しい国を支援しており、他の西側諸国はさらに多くのことを行う必要があると述べました。 「ヨーロッパはお金を払っている」と彼は言った。 「お金を払っているのは私たちだけです。」

「裕福な非ヨーロッパ諸国に圧力をかけなければならない。『あなたは公正な分担金を支払わなければならない』と彼らに伝えなければならない」と、マクロン氏はアメリカ人に言及した。

しかし、世界で最も裕福な国であり、温室効果ガスの最大の排出国である米国は、損失と被害に関する議論に明らかに参加していませんでした。

バイデン大統領の気候特使であるジョン・ケリーは、気候会議で損失と損害に対する資金提供のアイデアを議論することに同意しましたが、米国は新しい基金に同意していません.

ケリー氏のスポークスマンは、会議の開始時に、「損失と損害の問題が事前に実際にCOPで処理されることを切望している」と語った. 「私たちはそれが議題になると予想しており、それを支援することに完全に満足しています。つまり、ある時点で結果を出さなければならないということです。」

それでも、米国代表団は火曜日に戦略を提示しなかった。 代わりに、ケリー氏は水曜日に、大企業がカーボンオフセットを購入するように設計された新しい計画を発表する予定です。これは、本質的に、温室効果ガス汚染に対するクレジットです。 この資金は、化石燃料工場を廃止し、再生可能エネルギーを生み出し、気候の影響に対するレジリエンスを構築することにより、発展途上国の排出量を削減するために使用されます。

議論に詳しい複数の人物によると、計画には詳細が欠けており、急いでいると感じたため、このイニシアチブは一部のヨーロッパ諸国や国連事務総長のスタッフから懐疑的に受け止められています.

天然資源防衛評議会や世界資源研究所など、国務省から戦略について説明を受けた米国で最も影響力のある環境保護団体のいくつかも、計画を支持していません。活動家は、世界の排出量をゼロにまで削減すると述べた。

開発途上国の指導者が財政的補償を求め続けたため、西側諸国によるさまざまな取り組みが行われました。

ベネズエラのニコラス・マドゥロ大統領は、激しい演説の中で、「私たちは何年も話し合ってきた損失と損害の基金をまとめる必要があります。 彼は資本主義と天然資源の採掘が気候変動の原因であると非難したが、自国の石油産出国としての歴史については言及しなかった。

ツバルのカウセア・ナタノ首相は、ツバルは「損失と損害の太平洋地域のチャンピオン」であると述べ、「安全で保証された損失と損害の施設」を求めた。

パキスタンのシェバズ・シャリフ首相は、推定1,700人が死亡し、国土の3分の1が水没した今夏の異常な洪水からの継続的な回復について詳述した. 「二酸化炭素排出量が非常に少ないにもかかわらず、これはすべて起こりました」と彼は言いました。 「損失と損害は、COP27 の中心的な議題の一部である必要があります。」

また、以前はスワジランドとして知られていたエスワティニの首相であるクレオパス・ドラミニ氏は、彼のような国は、ある気候災害から回復するのに非常に苦労しており、次の災害に備えることが難しくなっていると語った。

「私たちは、緩和と適応の緊急性が、すでに直面し経験している損失と損害に対処する必要性によって影が薄くなっているところまで来ました」とドラミニ氏は述べました。施設。”

他のアフリカの指導者たちも同様の発言をし、自国には気候変動への適応や極端な気象災害の緩和にかかる費用を負担する余裕がないことを強調しました。

火曜日に、約 200 か国からの代表者が損害賠償基金に関する合意で 2 週間の会議を終了するかどうか尋ねられたとき、スコットランドのスタージョンさんは、母国の約束にもかかわらず、懐疑的でした。

「はい、と言いたいです」と彼女は言いました。 「現実的には、おそらくそうではないと思います。 私はそれについて間違っていることを願っています。 しかし、この 2 週間を経て、人々が合意の終点を見ることができる具体的で具体的なものを提示することが本当に重要だと思います。」

彼女は、最も脆弱な国々への支援を拒否することは、西側の道徳的失敗を意味すると述べた.

「これは気候正義の本当に根本的な問題です」と彼女は言いました。 「豊かな世界はここで責任を負っています。」

リサ・フリードマンソミニ セングプタ 報告に貢献しました。



Source link