性的虐待で告発された 11 人の司教 – DW – 11/07/2022


フランスのジャン=ピエール・リカール枢機卿は、性的暴行で告発された11人の元または現司教の中にいたことが、月曜日に教会団体によって明らかにされた。

虐待を認めるリカール枢機卿の声明は、フランス南西部の町ルルドで開かれたフランス司教会議で読み上げられた。

フランスの司教会議の議長を務めるエリック・ド・ムーラン=ボーフォート大司教は、告発されたすべての人が懲戒処分を受けると述べた。

Moulins-Beaufort は記者団に対し、司教たちは枢機卿の公式声明にショックを受けたと語った。

フランスの聖職者が性的虐待を受けた子どもたちを発見した報告

このビデオを表示するには、JavaScript を有効にして、HTML5 ビデオをサポートする Web ブラウザにアップグレードすることを検討してください

カーディナルは、14歳の少女を虐待したと言う

リカールは声明の中で、「35 年前、私が司祭だったとき、私は 14 歳の少女に対して非難に値する行動をとった」と述べた。

枢機卿は、「私の行動がその人に深刻で長期にわたる結果をもたらしたことは間違いありません」と述べ、彼女に許しを求めたと付け加えた.

リカールは、2001年から2019年までボルドーの司教でした。彼は、すべての機能から撤退し、教会と法的当局に対応できると述べました.

引退した現在、枢機卿は78歳です。

精査中のカトリック教会

フランスのカトリック教会における虐待を調査する独立委員会は、昨年、長年にわたって何千人もの小児性愛者が同委員会に所属していると述べた.

パネルは、フランスの聖職者が過去 70 年間で推定 330,000 人の子供たちを虐待したと付け加えた。

2020 年の調査では、イングランドとウェールズのカトリック教会が、何年にもわたって性的虐待から子供たちを保護できなかった一方で、加害者とされる者を保護していないことが判明しました。

rm/rs (ロイター、AFP)



Source link