ロシアがヘルソン退却を命じた後、ウクライナ軍は前進する:ライブアップデート


クレジット…Sergej Bobylevによるプールの写真

水曜日のウクライナ侵攻のロシア応援団の多くは、国防大臣のヘルソン市からの撤退命令を記念碑的な敗北として投げかけた – 彼らの一人によると、ソビエト連邦の崩壊以来、モスクワにとって最も壊滅的な敗北である.

発表された撤退は、ウラジーミル・V・プーチン大統領の戦争努力の失敗を具体化した。 プーチン大統領が赤の広場での大げさな祝賀会で、ロシアの取り返しのつかない部分であると宣言したわずか数週間後に、ロシアが9か月の侵略で占領したウクライナ最大の都市の屈辱的な損失になるだろう.

しかし、プーチン氏を追っているアナリストは、この命令を、プーチン氏が西側諸国との大規模な対立と見なすものに対して、戦術的に譲歩しようとする意思を思い起こさせるものだと考えていた。勝つ。

政治分析会社R.Politikでプーチン氏を研究しているアナリスト、タチアナ・スタノバヤ氏は電話インタビューで、「私の見解では、これはプーチン氏がいかに現実主義的であるかを裏付けている」と語った。 「彼は私たちが思っていたほど頭がおかしいわけではありません。」

プーチン氏自身はこの件について沈黙を守り、当局者に話をさせた。 代わりに、プーチン氏は神経病院を視察し、ロシア国立公衆衛生研究所の75周年を記念するイベントで講演し、コロナウイルスと戦い、ウクライナの「私たちのヒーロー」のケアを支援したことを称賛した.

発表された撤退は、プーチン氏が黒海を通過するウクライナの穀物の輸送を許可する協定に再び参加することに同意した1週間後に行われたが、クリミアにあるロシアの黒海艦隊の司令部への無人機攻撃に対する報復としてロシアがそれを阻止すると脅した後、方針を逆転させた。それはウクライナに帰せられたが、キエフはそれを否定した。

そしてそれは、クレムリンに近い人々がウクライナとの停戦合意の可能性についてますます推測し、ワシントンがキエフに対話に開かれるよう奨励しているという西側のニュースメディアの報道を強調するようになった.

ロシア政府に近い研究機関であるロシア国際問題評議会のアンドレイ・コルトゥノフ事務局長は、ドニプロ川西岸からの撤退命令について、「ここには一定の論理がある」と語った。

コルトゥノフ氏によると、ロシア軍は川のより防御しやすい東岸に移動することで、クレムリンの当面の最優先事項である最前線の「安定化、定着」を可能にしようとしているという。

しかし、軍事アナリストであり、ポーランドのグダニスクに本拠を置く Rochan Consulting のディレクターである Konrad Muzyka は、この発表の動機は不可解であると述べた。 「軍事的な観点から、そのような発表は、話に2番目の底がない限り、意味がありません」と彼は水曜日の電話インタビューで語った.

撤退では、軍は通常、秘密裏に撤退しながら強力な防御の外観を維持しようとします。 しかし、ロシア軍はまた、ウクライナ軍に敗北した後、春には首都キエフ北部、夏の終わりにはハリコフ北東部からの撤退を公式に発表した。

「あなたはそれを彼らに渡さなければなりません」とMuzyka氏は言いました。 「それらは一貫しています。」

過激派のレトリックは、ほんの数週間前にモスクワから発せられていた。クレムリンが部分的にしか支配していないウクライナの 4 つの地域 (ヘルソン地域を含む) の併合は、戦争の大幅なエスカレーションと、おそらくは核兵器の使用への前触れを示しているように見えた。

しかし、それ以来、プーチン氏は核のレトリックを控えめにし、水曜日には、ロシアで最も影響力のある戦争賛成派の一部が、ヘルソン撤退への支持を表明した.

ロシアのチェチェン共和国の強力な支配者であるラムザン・カディロフは、それを「注目を集める声明のための無意味な犠牲と、兵士の貴重な命を救うことの間の難しいが正しい選択」であると述べた。

ワーグナー・グループとして知られる民間軍を率いる実業家のエフゲニー・プリゴジン氏は、「苦悩したり、パラノイアに身もだえしたりするのではなく、結論を導き出し、過ちに取り組むことが重要である」と語った。

これらの声明は、クレムリンが撤退のためのプロパガンダの土台を慎重に築き上げたことを示しており、今秋の初めにウクライナ東部と北部でロシアが混乱した撤退を行った後の一種の内部狙撃を避けようとしていた。

それでも、タカの怒りを完全に鎮めたわけではありません。 親クレムリンのアナリストであるセルゲイ・マルコフは、撤退を「ソ連崩壊の瞬間以来のロシア最大の地政学的敗北」と表現した。

アンドリュー・E・クレイマーマーク・サントラ 報告に貢献しました。



Source link