英国経済は、恐れられている長期不況の始まりで縮小します


  • 第3四半期のGDP -0.2% q/q vs ロイター調査 -0.5%
  • 9 月経済生産高 -0.6% 前月比対世論調査 -0.4%
  • 7月と8月のGDPが上方修正
  • エコノミストは依然として英国が不況に陥っていると見ている
  • 財務相は「前途は厳しい」と予測

[ロンドン 11日 ロイター] – 英国経済は9月までの3カ月で縮小し、長期にわたる不況が始まる可能性が高い。ジェレミー・ハント財務相が来週の増税と歳出削減に向けた準備を進めていることを浮き彫りにした。

金曜日の公式データによると、第 3 四半期の経済生産高は 0.2% 縮小し、アナリストがロイターの世論調査で予測した 0.5% の縮小を下回っています。

しかし、家計や企業が深刻な生活費の危機に苦しんでいるため、英国がまだコロナウイルスの厳しい規制下にあった2021年の初め以来、国内総生産の下落は初めてでした。

英国経済は現在、パンデミック前の規模をさらに下回っており、新型コロナウイルスの低迷からまだ完全に回復していない唯一の G7 経済であり、暦四半期ベースで 3 年前よりも小さくなっています。

レゾリューション・ファウンデーションのシンクタンクは、下落幅は投資家が恐れていたよりも小さかったものの、英国は1970年代半ば以来の急速な景気後退への回帰に向かっていると述べた。

調査責任者のジェームズ・スミス氏は、ハント氏が 11 月 17 日に予算案を発表した際、リズ・トラス氏が短期間首相を務めた後、英国が財政を立て直し、経済政策に対する信頼性を維持できることを投資家に納得させようとしているが、この数字は冷静な背景を提供したと語った。 .

「首相は、生活費の危機をさらに悪化させることなく財政を持続可能な基盤に置くか、すでに引き伸ばされた公共サービスに打撃を与えるかのバランスを取る必要がある」とスミス氏は述べた.

データに応えて、ハントは税金と支出に関する厳しい決定が必要になるだろうという警告を繰り返した.

ハント氏は声明で「信頼と経済の安定を回復するために非常に困難な決断を迫られる困難な道が前にあるとは思いません」と述べた。

2021 年 1 月 20 日、イギリスのロンドンで、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) が世界的に流行する中、シティ オブ ロンドンの金融街を背景にミレニアム ブリッジを渡る人々。REUTERS/Hannah McKay

「しかし、長期的で持続可能な成長を達成するには、インフレを抑制し、帳簿のバランスを取り、債務を削減する必要があります」と彼は付け加えました。 「他に方法はありません。」

不況の現実

イングランド銀行は先週、投資家が予想していたほど金利が上昇した場合、英国経済は 2 年間続く景気後退に陥るだろうと述べた。

さらなる利上げがなくても、経済は 2023 年末までの 6 四半期のうち 5 四半期で縮小すると予想されます。

イングランド・ウェールズの勅許会計士協会の経済担当ディレクター、スレン・ティル氏は、「景気後退の恐れが現実のものになりつつある。

「この生産量の減少は、インフレ、エネルギー料金、金利の上昇が所得を圧迫し、今年の終わりから技術的な不況に陥るという罰則の期間の始まりです。」

英国国家統計局によると、エリザベス女王の葬儀が一時的な祝日となり、多くの企業が閉鎖された 9 月だけでも、英国経済は 0.6% 縮小しました。 これは、ロイターの世論調査で予測された 0.4% の縮小の中央値よりも大きく、COVID-19 によるロックダウンが行われた 2021 年 1 月以来最大の月間減少でした。

しかし、8 月の国内総生産データは、当初の 0.3% の縮小と比較して 0.1% のわずかな縮小を示すように修正され、7 月の GDP は以前の見積もりの​​ 0.1% から 0.3% 増加したと見られています。

ONSによると、7月と8月のGDPデータの上方修正は、健康と教育のアウトプットに関する新しい四半期ごとの数値を反映したものであり、専門的および科学的、卸売および小売部門からのいくつかのより強い測定値も反映されている.

William Schomberg と David Milliken による報告。 ケイト・ホルトンとキャサリン・エヴァンスによる編集

当社の基準: Thomson Reuters Trust Principles。



Source link