ウクライナの町ボロディアンカでバンクシーの作品が公開された




CNN

有名なストリート アーティストのバンクシーが、解放されたウクライナの町ボロディアンカの壁画である彼の最新のアートワークを Instagram の投稿で公開しました。

このアートワークは、ロシアの空爆で被害を受けた建物の側面にあるがれきの山の上でバランスを取っている女性の体操選手を示しています。

グラフィティ アーティストは、金曜日に作品の 3 つの画像をソーシャル メディアに投稿し、町の名前に別のスペルを使用して「ウクライナのボロジャンカ」と書かれた簡単なキャプションを付けました。

首都キエフの北西約 35 マイルに位置するボロディアンカに一連の壁画が現れた後、バンクシーが戦争で荒廃した国にいたという憶測が高まっていた。

紛争の最初の数週間、ボロディアンカはロシアの空爆によって特に大きな打撃を受けた。

アーティストによって公式に主張されていない 1 つのアートワークは、男の子との柔道の試合中にひっくり返されている男性を描いています。

別の動画では、2 人の子供が金属製のタンク トラップをシーソーとして使用しています。

ボロディアンカは、2 月のウクライナ侵攻開始時にロシアの空爆で特に大きな打撃を受け、多くの建物が長距離攻撃によって瓦礫の山と化しました。

戦前は 13,000 人が住んでいましたが、ロシアの侵攻後、ほとんどの人が避難しました。 激しい砲撃と壊滅的な攻撃の後、ボロディアンカに残されたものは、2月28日に移動したロシア軍によって占領されました.

バンクシーが公式に主張していない壁画には、少年との柔道の試合中にひっくり返されている男性が描かれています。

町は 4 月 1 日にウクライナの支配下に戻り、戻ってきた住民は、家屋が略奪され、窓が壊れ、中身が盗まれた店を発見した。

モスクワのいわゆる「特別軍事作戦」の紋章である文字「Z」と合わせてロシアの東部軍管区が使用する文字「V」が、建物、車両、検問所に描かれているのが発見された。

それ以来、町は再建の取り組みの中心となっており、戦闘による被害の結果、いくつかの高層ビルが取り壊されました。



Source link