バンクシーのアートワークがウクライナの損傷した建物に現れる | バンクシー

hobokenobserver.com


バンクシーは、インスタグラムで最新のアートワークを公開した後、ウクライナにいることを認めたようです。

キエフ近くのボロディアンカの町に一連の壁画が現れた後、匿名の落書きアーティストが戦争で荒廃した国にいたという憶測が高まっていた.

ある壁画には、少年との柔道の試合中に床に投げつけられた、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領に似た男性が描かれていました。

ボロディアンカでバンクシーと思われる作品。
ボロディアンカでバンクシーと思われる作品。 写真:エド・ラム/ゲッティイメージズ

別の動画では、2 人の子供が金属製のタンク トラップをシーソーとして使用しています。

しかし、バンクシーがこの国での存在を明らかにするために使用した壁画は、壊れた建物のがれきの上でバランスをとっている女性の体操選手を描いたものです。

作品が数百万ポンドで売れているブリストルを拠点とするアーティストは、金曜日にInstagramに壁画の3枚の画像を投稿し、キャプションは単に「ウクライナのボロジャンカ」とだけ書いた.

体操選手の壁画。
体操選手の壁画。 写真:Banksy/Instagram/PA

キエフの北西にあるボロディアンカの町は、侵攻の初期にロシアの爆撃を受けました。

ロシア軍はベラルーシ国境から 200 マイル北に進軍し、2 月に町を占領しました。 ブチャ、イルピン、ホストメルとともに、ボロディアンカはロシアの爆撃で最も打撃を受けた町の 1 つでした。 4月に解放されました。

ウクライナの捜査官は、拷問を受けて殺害された民間人の遺体が埋葬されていた数十の集団墓地を発見した。 モスクワはボロディアンカの人口密集地域にクラスター爆弾と強力な無誘導爆弾を放ち、数十の建物を破壊し、一部は全焼して 2 つに分裂した。

それ以来、町は再建の取り組みの中心となっており、戦闘による被害の結果、いくつかの高層ビルが取り壊されました。





Source link