バンクシーのアートワークがウクライナの破壊された建物に現れる | ロシア・ウクライナ戦争のニュース


匿名のストリート アーティスト、バンクシーが登場し、ウクライナの首都キエフ郊外のストリート アートの背後にいることを確認しました。

英国の有名なストリート アーティスト、バンクシーは、最近ウクライナに登場したアートワークの背後にいることを認めたようです。

正体不明のバンクシーは金曜日の夜、「ウクライナのボロジャンカ」というキャプションを付けて、破壊された建物のストリート アートの写真をインスタグラムに投稿した。

ウクライナの首都キエフ郊外のボロジャンカは、2 月 24 日にロシアが隣国への本格的な侵攻を開始して以来、激しい爆撃を受けている。

この作品は、戦争で損傷を受けた家の灰色の壁にある壊れた石積みの塊の上で少女が逆立ちをしていると思われる様子を示しています。

バンクシーが自身のインスタグラムに作品を投稿することは、通常、アーティストがその作品を自分の作品だと主張していると解釈されます。

他の同様の壁画が町中に出現し、バンクシーがボロジャンカで働いていたという憶測が飛び交いました。

ある壁画には、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領に似た男性が、柔道の試合中に子供にひっくり返されて負けている様子が描かれている。

ボロジャンカ、ウクライナ - 11 月 11 日、ウクライナのキエフで 2022 年 11 月 11 日にボロジャンカの破損した建物の中で、柔道着で床に男を投げる子供の落書きが壁に見られる. このアート作品は、グラフィティ アーティストのバンクシーがウクライナで活動していたのかどうかについて、オンラインで憶測を呼んでいます。 紛争の最初の数週間、ボロジャンカはロシアの空爆によって特に大きな打撃を受けた。 ミサイルやドローンによるエネルギーインフラへの攻撃によって引き起こされたウクライナ全土の電気と暖房の停止により、冬に向けた準備が急務になっています。  (エド・ラム/ゲッティイメージズによる写真)
ボロジャンカの損傷した建物の壁に、柔道着の男を床に投げつける子供の落書きが見られる [Ed Ram/Getty Images]

別の壁画には、レオタードとネックブレースを着た新体操選手が破壊された建物でリボンを振っている女性が描かれています。

匿名のストリート アーティストは、占領下のヨルダン川西岸地区やガザ地区など、過去に戦争や紛争の影響を受けた地域を旅してきました。

イルピン、ウクライナ - 11 月 11 日、ウクライナのキエフ地域で 2022 年 11 月 11 日にイルピンの破壊された建物の壁に、レオタードとリボンを振っているネックブレースを着た女性の落書きが見られる. この地域での同様のアート作品は、グラフィティ アーティストのバンクシーがウクライナで活動していたのではないかというネット上の憶測を巻き起こしました。 イルピンは、紛争の最初の数週間で激しい戦闘を見ました。 ミサイルやドローンによるエネルギーインフラへの攻撃によって引き起こされたウクライナ全土の電気と暖房の停止により、冬に向けた準備が急務になっています。  (エド・ラム/ゲッティイメージズによる写真)
イルピンの破壊された建物の壁に、レオタードとリボンを振っているネックブレースを着た女性の落書きが見られる [Ed Ram/Getty Images]

4 番目の作品では、2 人の子供が金属製のタンク トラップに座っており、それをコンクリートの防御ブロックにスプレー塗装されたシーソーとして使用しています。

バンクシーは、1990 年代初頭にイングランド南西部のブリストル市周辺で名声を博しました。

過去に、彼の作品は数百万ポンド (ドル) で販売されました。 2018 年、アーティストの作品は、ロンドンのオークションで 100 万ポンド (180 万ドル) 以上で落札された瞬間にバラバラになりました。





Source link