日本の法務大臣が死刑発言で辞任 | 死刑ニュース


羽梨康弘大臣は金曜日、岸田文雄首相に辞表を提出した。

日本の岸田文夫首相は、東南アジアで開催される 3 回の首脳会談に向けて出発を延期し、法務大臣を解任して交代させた。

羽梨泰弘法務大臣は金曜日、岸田氏に辞表を提出したと記者団に語った。彼は党大会で、彼の「ハンコ」を使って死刑を承認したとき、彼の知名度の低い仕事は正午にニュースになっただけだとコメントした2日後だった。朝。

この発言は野党だけでなく、岸田氏の与党内からもすぐに批判を引き起こした。与党は統一教会との数十年にわたる関係をめぐってすでに論争に巻き込まれている.莫大な金銭的寄付をする。

スキャンダルを起こしやすい岸田内閣の少なくとも 2 人の他のメンバーも、不正会計の申し立てに直面している。

「不用意に死刑という言葉を例に使った」ことで、人々や省庁の職員は「不快​​に感じた」と花梨氏は語った.

「国民に謝罪し、政治家としてのキャリアを再開する決意を表明するために、辞任を決定しました。」

花梨氏は、岸田氏の辞任の可能性について過去2日間にわたって岸田氏と相談したと述べ、謝罪し、彼の鈍感なコメントを説明するために最善を尽くすようアドバイスされた.

「私は自分の責任を軽視しているとの印象を与えたメディア報道に直面した私の発言を謝罪し、撤回します」と彼は木曜日に言いました.

彼は金曜日の早い段階で別の謝罪を行い、辞任の意図を否定した. しかし、メディアの報道によると、彼は過去 3 か月間、他の会議でも同様の発言をしていたことが明らかになりました。

日本は死刑執行を続けているとして国際的な批判に直面している。

優柔不断という評判の岸田氏は、羽梨氏の発言を軽視したことはないと否定した。 彼は後に記者団に対し、彼の「不注意な発言」が司法制度に対する国民の信頼を傷つけたため、彼の辞任を受け入れたと語った.

岸田氏は、ハーバード大学で教育を受けた元通商省官僚である齋藤健元農相を羽梨の後任に任命したと述べた。

このスキャンダルにより、岸田氏はカンボジアでの東南アジア諸国連合(ASEAN)サミット、インドネシアのバリ島でのG20会議、アジア太平洋経済協力(APEC)に出席するための9日間の旅行への出発を延期せざるを得なくなった。 )バンコクのフォーラム。

与党自民党の岸田氏自身の派閥のメンバーである花梨氏は、在職わずか 3 か月であり、首相が 8 月に内閣改造を行って政府の急落した人気を好転させようとして失敗して以来、解任される 2 番目の大臣です。

先月、統一教会とのつながりを説明しなかったとして批判にさらされた後、山極大四郎氏が経済大臣を辞任した。

与党と統一教会とのつながりは、7月の安倍晋三元首相の暗殺後に表面化した. 教会との結びつきは、安倍首相の祖父であり、宗教団体の反共産主義の立場を支持し、日本に根付くのを助けた岸信介元首相にまでさかのぼる。

安倍首相の暗殺に対する警察の捜査は、貧困やネグレクトなど、教会信者の家族に影響を与える問題にも光を当てた. 捜査官によると、7月8日に安倍首相を射殺したとして起訴された山上哲也容疑者は、当初、統一教会の指導者を殺害することを望んでいた。

伝えられるところによると、敬虔な信奉者である山上の母親は、教会に約1億円(720,461ドル)を寄付し、彼の家族を破産させた.



Source link