ウクライナのヘルソンは、ロシアの撤退後、電力と水を回復するために競争しています


  • ロシア人によって採掘されたヘルソンの主要インフラストラクチャー-知事
  • ヘルソンの人道状況は「非常に困難」 – 公式
  • 重要なサービスの復旧に取り組む当局
  • ドネツク東部、ルハーンシク地域で戦闘が激化している

[ヘルソン(ウクライナ) 11月13日 ロイター] – ヘルソンの公益事業会社は、逃亡中のロシア軍によって採掘された重要なインフラの復旧に取り組んでおり、ウクライナ南部の都市のほとんどの家屋には依然として電気と水が供給されていないと、地方当局者は日曜日に述べた。

ヘルソン地方のヤロスラフ・ヤヌシェビッチ知事は、当局は安全対策として、午後5時から午前8時までの夜間外出禁止令を維持し、市の出入りを禁止することを決定したと述べた。

「敵はすべての重要なインフラストラクチャオブジェクトを採掘しました」とヤヌシェビッチはウクライナのテレビに語った。 「私たちは数日以内に会合を開き、(その後)都市を開放しようとしている」と彼は述べ、携帯電話事業者が日曜日に作業を開始できることを望んでいると付け加えた.

2月に侵攻が始まって以来、ロシアが占領した唯一の州都をロシアが放棄した後、ウクライナ軍は金曜日にヘルソンの中心部に到着した。 この撤退は、戦争におけるロシアの 3 番目の主要な撤退であり、東部と南部の一部を奪還したウクライナの主要な反撃に直面して、これほど大規模な占領都市を明け渡すことを伴う最初の撤退となった。

ウクライナ国営鉄道のトップは、ヘルソンへの列車サービスは今週再開される予定であると述べた。

しかし、別の地方当局者は、地雷除去が進行中であり、当局が重要なサービスを回復するために取り組んでいるが、人道的な観点から、市の状況は「非常に困難なままである」と述べた.

「ほとんどの家には電気も水道もなく、ガスの供給にも問題があります」と、ヘルソン地方議会のユーリー・ソボレフスキー副議長はウクライナのテレビに語った。

歓喜の住民がヘルソンに到着した軍隊を歓迎した一方で、ウクライナの参謀総長は、ドネツクとルハーンシク地域の東部戦線に沿って激しい戦闘が続いていると報告した。

バフムト、アヴディーウカ、ノボパブリフカ、ザポリージャの東部地域でのロシアのロケット弾と砲撃を報告しながら、過去24時間にわたって、その軍隊は両方の地域のいくつかの入植地に沿ったロシアの攻撃を撃退したと朝の更新で述べた。

Volodymyr Zelenskiy 大統領は、ロシアの攻撃が繰り返されたにもかかわらず、ヘルソンやその他の場所でのウクライナの成功は、ドネツク地域での激しい抵抗に一部起因すると考えています。

「そこはただの地獄だ。そこでは毎日非常に激しい戦いが繰り広げられている」

「20歳年下」

数百人の住民が土曜日にヘルソンの通りに並び、国旗を振ったり、「ありがとう、ありがとう」と唱えたり、ウクライナの軍人を青と黄色のリボンで飾ったりした.

「私が今感じていることを言葉で表現することは不可能です。今までの人生で、今ほど喜びを感じたことはありませんでした」と、ヘルソンの住民であるナタリア・コロバは言いました。 「私たちの兄弟、私たちの保護者が来て、今日は自由です。これは信じられないことです。」

土曜日の早い段階で、ヘルソンへの道で、村人たちは花を持って待っていて、ロシアの見事な撤退の後、ドニプロ川の西岸の制御を確保するために流れ込んだウクライナの兵士に挨拶し、キスをしました.

「私たちはこの 2 日間で 20 歳若返った」と、ウクライナの兵士が小さなトラックから飛び降り、ウクライナの中心近くの集落で彼女と彼女の仲間のナタリヤ・ポルフヌク (66) を抱きしめる直前に、61 歳のヴァレンティナ・ブハイロワは言った。ヘルソン。

しかし、大砲の一斉射撃が国際空港を取り囲み、警察は市内とその周辺に検問所を設置し、取り残された機雷を掃討していると述べた。

ムィコラーイウからヘルソンへ向かう道は、放棄された何マイルにもわたるロシアの塹壕で傷ついた畑が並んでいた。 破壊された T72 戦車は、砲塔を逆さまにして横たわっていました。

放棄された塹壕には、ごみ、毛布、迷彩ネットが散らばっていました。 用水路は廃棄されたロシアの装備で埋め尽くされ、道路脇にはいくつかの対戦車地雷が見えた。

David Ljjungren、Jonathan Landay、Gleb Garanich、および Pavel Polityuk による報告 Clarence Fernandez および Tomasz Janowski による執筆 William Mallard および Frances Kerry による編集

当社の基準: Thomson Reuters Trust Principles。



Source link