ロシアの集会はプーチン大統領に核兵器対応のサタンIIミサイルで米国を攻撃するよう促す


最近モスクワで開催された集会では、出席者と指導者が、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領に対し、ワシントン DC に対する核攻撃を開始するよう呼びかけた。

土曜日の朝、ロシアのメディア モニターの作成者であり、The Daily Beast のコラムニストである Julia Davis が集会のクリップを Twitter で共有しました。 ビデオでは、男性が群衆を率いてモスクワの通りを通り抜け、ワシントンへの攻撃を呼びかけるチャントをしているのを見ることができます。

「意思決定センターを攻撃せよ」群衆を率いる男が叫ぶ。 「ワシントンで!サルマット・ミサイルの飛行任務。ワシントンで!サーマット、敵の都市を攻撃せよ。ワシントンで!…米国は敵だ!我々は殉教者として天国に行くだろう。彼らはただ鳴くだけだ」

集会中に言及されたサルマットミサイルは、2018年にロシアの兵器庫に追加され、「サタンII」と呼ばれる熱核兵器であるRS-28サルマット大陸間弾道ミサイル(ICBM)です。

デイビスがツイートで書いたように、集会参加者の「私たちは殉教者として天国に行く」という声明は、2018 年にプーチン大統領が行ったコメントに言及したものです。それに対するいかなる核攻撃にも反応するが、そのような方法で最初に攻撃することは決してないだろう. このコメントは、ロシアがサタン II ミサイルを含む拡張された核兵器を導入した直後に出されました。

プーチン大統領は当時、「侵略者は報復が避けられないこと、彼が全滅すること、そして私たちが侵略の犠牲者になることを知っておくべきだ」と述べた. モスクワ・タイムズ. 「私たちは殉教者として天国に行き、彼らはただ死んでしまうでしょう。彼らにはこれを悔い改める時間さえありません。」

先週のロシアからの報告 軍事思想 雑誌は、米国がロシアが攻撃を開始できるようになる前に、ロシアの核備蓄のかなりの部分を無力化する計画に取り組んでいると主張した. この計画には、米国側の非核兵器の使用が含まれる予定であり、報告書では、「米国は、標的までの飛行時間が短い戦略的非核兵器の保有を目指している」と述べており、「非核兵器の対象とならない」二国間または国際的な制限。」

ロシアの核攻撃ワシントン
上では、ロシアの軍事パレード中にモスクワを通過する ICBM が見られます。 モスクワでの最近の集会では、ワシントン DC への核攻撃を開始するようロシアに呼びかける市民が見られました。
ユリ・カドブノフ/Getty Images経由のAFP

一方、ウクライナは、絶え間なく続く侵略に直面して、ロシアが核兵器を配備する可能性が高まる可能性に備え続けています。 火曜日に、国の軍隊は核攻撃の可能性に備えるための訓練に従事し、「核攻撃の結果を排除する」ための準備に焦点を当てた演習を行った.

ニューズウィーク 国防総省にコメントを求めた。





Source link