中国の李首相は、アジアサミットで核の脅威の「無責任」を強調した


サイモン・ルイス

[ヌサドゥア(インドネシア) 28日 ロイター] – 中国の李克強首相は、カンボジアで開催されたサミットで核の脅威の「無責任」を強調し、中国政府が戦略的パートナーであるロシアの核に関するレトリックに不快感を示していることを示唆した、と米国の高官は月曜日に述べた。

李氏は、米国のジョー・バイデン大統領とともに、日曜日の東アジア首脳会議に参加した。 中国の首相は、「ウクライナに対する中国の政策についてかなり広範囲に語った」と、月曜日のバイデンと中国の習近平国家主席との首脳会談に先立って記者団に説明した米政府高官は述べた.

李氏は、「主権、核の脅威の無責任、核兵器が一部の人が示唆するような方法で使用されないようにする必要性を明確に強調している」と高官は匿名を条件に語った.

西側諸国は、ロシアが2月のウクライナ侵攻以来、核兵器の使用の可能性について無責任な発言をしていると非難してきた。 一方、ロシアは西側諸国を「挑発的な」核レトリックで非難している。

米当局者は、モスクワとの正式なパートナーシップにもかかわらず、「ロシア側の無謀なレトリックと活動に関して、我々が見たものについて北京にいくらかの不快感があったことは否定できない」と述べた.

「中国がロシアの軍事行動におそらく驚き、少し当惑していることも否定できないと思う」と当局者は語った。

日曜日にカンボジアで開催された首脳会談で、バイデン氏は、米国は中国と「激しく競争」する一方で、紛争を防ぐためにコミュニケーションを維持すると述べた。

バイデン氏と習近平氏は、バイデン氏が昨年初めに就任して以来、月曜日に初めて直接会う予定です。

李首相は来年交代する予定であり、米当局者は、ワシントンは習氏が月曜日のバイデン氏との会談に「新しい顔」をもたらすと信じていると述べた。

(Simon Lewis による報告、Nandita Bose と Humeyra Pamuk による追加報告、Tom Hogue による編集)



Source link