IMFは、世界経済の見通しが「悲観的」になりつつあり、リスクはたくさんあると言います


[ワシントン 13日 ロイター] – 国際通貨基金(IMF)は13日、世界経済の見通しが先月の予測よりもさらに暗いとの見方を示し、ここ数カ月の購買担当者調査が着実に悪化していることを引き合いに出した。

持続的な高水準の幅広いインフレ、中国の成長モメンタムの弱さ、ロシアのウクライナ侵攻による継続的な供給途絶と食糧不安に起因する金融政策の引き締めが、より暗い見通しの原因であると非難した。

グローバル金融機関は先月、2023 年の世界成長率予測を前回の 2.9% から 2.7% に引き下げました。

インドネシアで開催される G20 首脳会議に向けて準備されたブログで、IMF は、最近の高頻度の指標は、特にヨーロッパで「見通しがより暗いことを確認している」と述べた。

製造業とサービス業の活動を測る最近の購買担当者の指標は、主要20カ国・地域(G20)のほとんどで弱気を示しており、経済活動は縮小傾向にあり、インフレは依然として高止まりしているという。

IMF は、「G20 諸国の増加するシェアの読み取り値は、今年初めの拡張領域から縮小を示すレベルまで低下した」と述べ、世界的な断片化が「下振れリスクの合流点」に加わったと付け加えた。

IMFは「世界経済が直面している課題は計り知れず、経済指標の弱体化は今後のさらなる課題を示している」と述べ、現在の政策環境は「異常に不確実」であると付け加えた。

欧州のエネルギー危機が悪化すると、経済成長に深刻な打撃を与え、インフレ率が上昇する一方、高インフレが長引くと、予想以上に政策金利が引き上げられ、世界の金融環境がさらに引き締まる可能性があります。

その結果、「脆弱な経済にとってソブリン債務危機のリスクが高まる」とIMFは述べた。

ますます深刻な気象現象も、世界中の成長に悪影響を与えるだろうと述べた.

アンドレア・シャラルによる報告

当社の基準: Thomson Reuters Trust Principles。



Source link