サルの労働から得られたココナッツミルクを使用したとして告発されたHelloFresh


HelloFresh は、食事配達サービスのボイコットを呼びかけている動物の倫理的扱いを求める人々の申し立てによると、タイの猿の労働から得られたココナッツ ミルクを使用しています。

PETA Asia の調査によると、サルは鎖でつながれ、むちで打たれ、殴られ、ココナッツの収穫に長時間を費やすことを余儀なくされています。 月曜日に発表された調査結果によると、動物虐待の申し立ては、タイの 9 つの州で 57 の事業に対して行われました。

HelloFresh は、CBS MoneyWatch への声明の中で、同社のココナッツはサルを使用して調達されていないという書面による保証をサプライヤーから受け取っていると述べました。

「HelloFreshは、サプライチェーンにおけるサルの労働力の使用を厳しく非難し、サルの労働力を使用していることが判明したココナッツ製品をサプライヤーから調達したり、販売したりしないという厳しい立場をとっています.米国および世界的に、彼らがこれらの慣行に関与していないことを確認してください。」

ape6coe8.png
タイの檻の中の猿。

ペタ


調査の写真とビデオ映像を公開した動物愛護団体によると、HelloFresh のココナッツ ミルク サプライヤーの仲介業者は、PETA にサルを見せました。 .

動物福祉団体によると、ココナッツの取引で搾取されている種は絶滅の危機に瀕しているか、絶滅の危機に瀕しているにもかかわらず、ほとんどのサルは自然の中で家族から誘拐されています.

xujgsvio.png
モンキーピッキングココナッツ。

ペタ


PETA のエグゼクティブ バイス プレジデントであるトレーシー ライマン氏は、月曜日に電子メールで声明を発表し、「サルは首に鎖でつながれ、毎日のように苦労を強いられています。すべては、HelloFresh やその他の良心のない企業のためです。 「PETAは、HelloFreshを含むすべての人に、お金が利益のために使われ、乱用されることがなくなるまで、タイから缶詰のココナッツミルクを購入するのをやめるよう呼びかけています.」

ベルリンに本拠を置くこの会社は、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、カナダ、フランス、ドイツ、アイルランド、イタリア、日本、ルクセンブルグ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、スウェーデン、スイス、英国、米国で事業を展開しており、グローバルに展開しています。

同社は先月、第 3 四半期に 750 万人のアクティブ顧客を獲得し、3 か月間に 19 億ドル以上の収益を上げたと述べました。

PETA は何年もの間、企業や人々に、タイで製造されたココナッツ ミルクの缶詰製品を購入しないよう促してきました。 2020 年のグループは、 Walgreens や Stop & Shop などの米国の食料品ブランド.

2019 年に以前の PETA 調査の調査結果が発表された後、タイ政府は次のように提案しました。 保証 サルがココナツを採ることを強制されなくなること。 ロイターによると、ココナッツのトップ輸出国の中で、タイは 2019 年に 3 億 9,600 万ドル相当のココナッツ ミルクを輸出しました。

タイのワイルドライフ フレンズ ファウンデーションは、サルを使ってココナツを摘む慣行を以前から呼び掛けており、「虐待されたココナツ モンキー」と呼ばれるものを日常的に救出している。 5月、グループは、果物を選ぶのに役立たなくなったマカクが、自分で生き残るために追い出された方法を説明しました.





Source link