ビル・バーンズ CIA 長官が月曜日にロシアのカウンターパートと会談




CNN

CIA長官のビル・バーンズは、月曜日にアンカラでロシアの諜報担当者であるセルゲイ・ナリシュキンと会談し、「リスク管理についてロシアと連絡を取り」、「不当に拘束された米国市民」の事例について話し合うという米国による継続的な取り組みの一環として、安全保障理事会のスポークスパーソンが CNN に語った。

「我々は、リスク、特に核リスクと戦略的安定性へのリスクの管理について、ロシアとコミュニケーションをとるためのチャネルを持っているという事実について非常にオープンである」とスポークスパーソンは述べた。 「この取り組みの一環として、ビル・バーンズは今日、ロシアの諜報担当者と会うためにアンカラに来ています。」

CNN は以前、ジェイク・サリバン国家安全保障担当補佐官がロシアのカウンターパートとも連絡を取り、ロシアがウクライナで核兵器を使用した場合の結果について警告していると報じた。

広報担当者は、バーンズ氏が「いかなる種類の交渉も行っていない」ことを強調した.

「彼はウクライナでの戦争の解決について話し合っているわけではありません。 彼は、ロシアによる核兵器の使用の結果と、戦略的安定へのエスカレーションのリスクについてメッセージを伝えています。 彼はまた、不当に拘留された米国市民の事件を提起するでしょう。」

広報担当者は、米国がバーンズ氏の訪問に先立って会談についてウクライナに説明したと付け加えた。

「私たちは基本原則を固く守ります。ウクライナなくしてウクライナはありません」とスポークスパーソンは述べた。

ロシア国営メディアのタス通信によると、クレムリンのスポークスマン、ドミトリー・ペスコフ氏は会談が行われたことを認めた。

「そのような交渉は実際に行われた。 それはアメリカ側のイニシアチブで起こった」とペスコフは言った。

バイデン政権は、米ロ関係が悪化し続けている中、ベテラン外交官で元駐ロシア米国大使を主要な仲介者として使用し、昨年、ロシア人との会談のためにバーンズを数回派遣した。 バーンズは、ロシアがウクライナに侵攻する前の昨年 11 月にモスクワに派遣され、侵略の結果をクレムリンに警告した。 彼はまた、ブリトニー・グリナーやポール・ウィーランを含む、ロシアに拘束された米国市民についてのナリシュキンとの話し合いにも関わってきました。

この協議は、ロシアがウクライナで核兵器を使用する可能性があるというロシアのウラジーミル・プーチン大統領による薄いベールに包まれた脅威の中で、モスクワとの通信回線を開いたままにしておくための米国による進行中の努力の一部でもある.

「わが国の領土保全に対する脅威が発生し、ロシアとわが国民を守るために、私たちは利用可能なすべての兵器システムを確実に利用します。 これははったりではない」とプーチン大統領は9月の演説で警告した。

彼は後に自分自身を覆したように見え、10月にウクライナで核兵器を「必要とは思わない」と述べた. 「政治的にも軍事的にも、それには意味がありません。」

ロイド・オースチン国防長官とロシアのセルゲイ・ショイグ国防長官も先月末、5月以来初めて電話で話し、ロシア軍当局者がロシアがウクライナの戦場で戦術核兵器をどのように、どのような条件で使用するかについて話し合ったという情報が浮上した. 、CNNは以前に報告しました。

ロシア当局者も先月、ウクライナが「汚い爆弾」を使用する準備をしていると主張し始めた。米国は、この主張は単にロシアがそれ自体を使用するための口実であると懸念しており、国際原子力機関がウクライナのサイトの調査後に暴言を吐いた.

米国は、プーチン大統領が核兵器を使用するという抜本的な措置を講じることを決定した兆候をまだ見ていない、と当局者は述べた。



Source link