ロシアのウクライナ侵略を非難するための入札をめぐるG20での分裂


  • ほとんどのG20メンバーは、ウクライナ戦争を強く非難することができました
  • ゼレンスキーはG20に彼の計画の下で戦争を終わらせるのを助けるよう促します
  • インドネシアは世界的な経済問題への行動を促す
  • 中国の習近平国家主席は他の複数の指導者と会談

[ヌサドゥア(インドネシア) 15日 ロイター] – 米国とその同盟国がロシアのウクライナ侵攻を非難する決議案を支持したことを受け、火曜日のG20サミットで意見の相違が浮上した。

インドネシアのバリ島でのサミットは、2月にロシアがウクライナに軍隊を派遣して以来、初めてのG20首脳会議です。

ロシアが「特別な軍事作戦」と呼んでいるこの戦争は、開催国のインドネシアが団結を呼びかけ、インフレや食料とエネルギーの安全保障などの世界経済問題を解決するための行動に焦点を当てているにもかかわらず、会議に影を落としている。

ロイターが閲覧したコピーによると、宣言の草案は16ページに渡り、「ほとんどの加盟国はウクライナでの戦争を強く非難し、それが甚大な人的被害を引き起こし、世界経済の既存の脆弱性を悪化させていると強調した」と述べた。

「状況と制裁については、別の見解や異なる評価があった」と外交官は述べたが、この草案は指導者によってまだ採択されていないと述べた。

ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、ウラジーミル・プーチン大統領が不在で自国の代表団を率いており、ロシアを宣言に含めようとして失敗した西側諸国による政治化としてロシアを非難しようとしていると非難した。

ラブロフ氏は、ロシアは別の見解を提出しており、草案は水曜日に完成すると述べた。

ある米当局者は、G20がウクライナでのロシアの戦争とその世界経済への影響を非難することを米国が期待していると述べた。

ドイツのオラフ・ショルツ首相は、ウクライナに対するロシアの戦争は受け入れられないというコンセンサスの有望な兆候があると述べた。

過去の G20 閣僚会議は、ウクライナでの戦争をどのように説明するかなど、言語に関するロシアと他のメンバー間の意見の相違により、共同宣言を作成できませんでした。

これに先立ち、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は仮想演説で、「国連憲章と国際法に基づいて公正に」提案した計画の下で、ウクライナでのロシアの戦争を止める時が来たと語った。

彼は、ザポリージャ原子力発電所に関する「放射線安全」の回復、ロシアのエネルギー資源に対する価格制限の導入、および穀物輸出イニシアチブの拡大を求めた。

「リーダーシップへの道を選んでください。そうすれば、私たちは共に平和の公式を確実に実行するでしょう」と彼は言った。

ラブロフ氏は、月曜日に心臓病でバリの病院に運ばれたという通信社の報告を却下し、ゼレンスキー氏の演説を聞いたと述べ、ウクライナの指導者は紛争を長引かせており、西側のアドバイスを聞いていないと付け加えた。

ロシアのウクライナ侵攻により、一部の西側指導者はサミットのボイコットとプーチン大統領の招待の撤回を求める声を上げたが、インドネシアはこれを拒否した.

ロシアは、プーチン大統領が忙しすぎてサミットに出席できず、代わりにラブロフ氏が出席したと述べた。

‘世界を救う’

首脳会談は、インドネシアのジョコ・ウィドド大統領が、戦争をめぐる深い亀裂にもかかわらず、世界経済を修復するための団結と具体的な行動を求める嘆願で幕を開けた。

「他に選択肢はありません。世界を救うには協力が必要です」と彼は言いました。 「G20は包括的な経済回復の触媒でなければなりません。世界を分割してはなりません。世界が再び冷戦に陥るのを許してはなりません。」

米国、ロシア、ブラジルからインド、サウジアラビア、ドイツに至るまでの国々を含む G20 は、世界の国内総生産の 80% 以上、国際貿易の 75%、人口の 60% を占めています。

首脳会談の前夜、米国のジョー・バイデン大統領と中国の習近平国家主席は二国間会談を行い、多くの相違にもかかわらず、より頻繁に意思疎通を行うことを約束した。

バイデン氏が大統領に就任して以来初めての会談であり、ここ数カ月の下降スパイラルの後、関係が改善したことを示しているように見えた。

習氏とプーチン氏は近年ますます親しくなり、ロシアがウクライナに侵攻する数日前にパートナーシップを再確認した。 それにもかかわらず、中国は西側の対中国制裁の引き金になりかねない直接的な物質的支援を提供しないよう注意を払ってきた。

中国の国営メディアによると、習主席は火曜日、フランスのエマニュエル・マクロン大統領との二国間会談で、中国はウクライナでの停戦と和平交渉を提唱していると語った。

マクロン大統領は、フランスと中国がウクライナでの戦争の影響を克服するために、より緊密に協力することが重要であると述べた.核兵器の使用。

ホワイトハウスによると、バイデン氏と習近平氏は会談で「ウクライナでの核兵器の使用または使用の威嚇に反対することを強調した」。

習近平国家主席は、バイデン氏に核兵器を使用することはできず、核戦争を戦うことはできないと述べた、と中国の外相は声明で述べた。

西側諸国は、ロシアがウクライナ侵攻以来、核兵器の使用の可能性について無責任な発言をしていると非難してきた。 一方、ロシアは西側諸国を「挑発的な」核レトリックで非難している。

Fransiska Nangoy、Stanley Widianto、Nandita Bose、Leika Kihara、David Lawder、Nusa Dua の Simon Lewis、ベルリンの Andreas Rinke、メルボルンの Lidia Kelly、北京の Eduardo Baptista によるレポート。 Ed Davies と Raju Gopalakrishnan による執筆。 ロバート・バーセルとトム・ホーグによる編集

当社の基準: Thomson Reuters Trust Principles。



Source link