国連総会、ウクライナに対するロシアの賠償を要求


国連 (AP) — 国連総会は月曜、ウクライナへの侵略による国際法違反の責任をロシアに求める決議を承認した。これには、国への広範な損害や、戦争中に殺害され負傷したウクライナ人に対する賠償金の支払いが含まれる。

193 人のメンバーからなる世界団体の投票は 94 対 14 で、棄権は 73 でした。 ロシアが2月24日にウクライナに侵攻して以来、国連総会で採択された5つのウクライナ関連の決議のいずれにおいても、支持率は最低水準に近かった。

決議は、ウクライナに対するロシアの「不正行為」から生じる「損害、損失、または傷害に対する賠償のための国際的メカニズム」を確立する必要性を認めている。

議会の加盟国は、ウクライナと協力して、ロシアによって引き起こされたウクライナ人と政府への損害、損失、または傷害に関する請求と情報を文書化するための「国際登録簿」を作成することを推奨しています。

投票の前に、ウクライナのセルギー・キスリツァ国連大使は議会で、「ロシアは文字通りの意味で、ウクライナを破壊するために最善を尽くした」と語った。

彼は、先月だけでも道路、橋、鉄道、ウクライナの送電網と公益事業のほぼ半分だけでなく、「工場や工場から住宅、学校、病院、幼稚園まで、あらゆるものを標的とした」都市や村に対するロシアの爆撃と砲撃を挙げた。 . 彼はまた、殺人、レイプ、拷問、強制送還、略奪など、ロシア人が占領した領土で犯した残虐行為の説明を引用した.

「ウクライナは、国を再建し、この戦争から立ち直るという困難な任務を負うことになるでしょう」とキスリツィアは述べた。 「しかし、ロシア戦争の犠牲者に対する正義感がなければ、その回復は決して完了しません。」

主張を文書化するメカニズムを確立するにあたり、彼は、「ウクライナは、偏見のわずかな認識さえも回避するために、国際社会によって管理および監督される、透明で公平で客観的なプロセスに取り組んでいます。」

「ロシアに責任を問う時が来た」とキスリツィアは述べ、決議は「正義への希望のシグナル」であると述べた。

ロシアのヴァシリー・ネベンジア国連大使は、決議案は「既存の国際法の観点からは合法化できないものを合法化しようとする試み」であるとして、議会のメンバーに反対票を投じるよう促した。 それは「法的に無効である」と彼は言った。

ネベンジアは、西側諸国が「正当性を装うためにできる限りのことをしている」と非難し、凍結された支出を開始したか、実際には「数十億ドルに相当するロシアの資産を盗んだ」と非難した. そして彼は、西側諸国が「このあからさまな強盗を隠すためのスクリーンとして」総会の決定を求めていると非難し、その「受益者は最終的に西側の軍事企業になるだろう」と非難した。

彼は、決議の承認は「全世界の緊張と不安定を増大させるだけである」と警告し、決議の支持者は「第三国の主権資産の違法収用に関与するようになるだろう」と述べた。

16カ国とパレスチナ人はロシアに同意し、共同声明で決議には「十分な法的根拠」がないと述べた。

中国、イラン、アンゴラ、ベネズエラを含むその署名国は、外国の干渉、植民地主義、奴隷制、抑圧、一方的な制裁、およびその他の国際的に不正な行為に苦しんでいる国々も、救済、賠償、正義の権利を受けるに値すると述べた。健全な法的手続き。」

パレスチナ人は、月曜日遅くにすべての国に、声明に参加しないという書簡を送った.

カナダのロバート・レイ国連大使は、決議は資産の強制的押収や主権国家の権力の破壊について言及していないと反論し、ロシアは主張をしているだけだと述べた。破損、紛失、怪我の証拠。

「議会は裁判官や陪審員としての機能を果たすよう求められていません」と彼は言いました。 そしてロシア人は、「これは、主権国家の資産を盗むための組織的で西側の陰謀であり、まったくのばかげたことだ」と主張している。 それはナンセンスであり、私たちはそれを言う勇気を持たなければなりません.

ウラジーミル・プーチン大統領が侵攻を命じて以来、15カ国の安全保障理事会におけるロシアの拒否権は、国連の最も強力な機関がいかなる行動もとることを妨げてきた. しかし、ロシアの侵略を批判する4つの決議を以前に採択した総会には、拒否権はありません。

安保理決議とは異なり、総会決議には法的拘束力はありませんが、世界の世論を反映しており、ロシアの軍事行動に対する広範な反対を表明しています。

月曜日に採択された決議は、カナダ、グアテマラ、オランダ、ウクライナが後援し、他の数十か国が共同で後援した。

それは、ウクライナの「主権、独立、統一、領土保全」に対する総会のコミットメントを再確認し、ロシアに対し、直ちに「ウクライナに対する武力行使を中止」し、ウクライナ領土からすべての軍隊を撤退させるよう要求することを繰り返し表明する。

また、「ロシア連邦のウクライナ侵略によって引き起こされた人命の損失、民間人の避難、インフラと天然資源の破壊、公共および私有財産の喪失、経済的惨事に深刻な懸念を表明している」とも表明している。

決議は、国連憲章第 14 条が、国連憲章への違反を含め、「国家間の友好関係の一般的な福利を損なう可能性が高いと見なされるあらゆる状況の平和的調整のための措置を勧告する」権限を国連総会に与えていることを想起します。

ロシアの侵攻後まもなく、国連総会は 3 月 2 日に最初の決議を採択し、ロシアの即時停戦、全軍の撤退、全民間人の保護を 141 対 5、棄権 35 で要求しました。

3月24日、議会は、ウクライナの人道危機をロシアのせいにし、何百万人もの民間人と彼らの生存に不可欠な家、学校、病院に対する即時停戦と保護を求める決議に、140対5、38の棄権で投票した.

月曜日の投票は、ウクライナ決議の最低投票数に近かった。議会は、4月7日、国連のジュネーブに拠点を置く国連人権理事会へのロシアの参加を停止するために、93対24、58の棄権で投票した。州とウクライナは戦争犯罪と呼んでいます。

議会は 10 月 12 日に、ロシアによるウクライナの 4 つの地域の「企てられた違法な併合」を非難し、即時の撤回を要求するために、最大の差で 143 対 5、35 の棄権で圧倒的多数を投じた。



Source link