裕福な国はインドネシアに石炭を抑制するために200億ドルを提供します


シャルム エル シェイク、エジプト — 世界最大の石炭消費国の 1 つであるインドネシアは、火曜に米国との 200 億ドルの気候資金取引の一環として、化石燃料への依存を大幅に減らし、再生可能エネルギーへの移行を加速することを約束しました。米国、日本、その他の先進国。

この協定は、地球温暖化を抑えるために、すべての化石燃料の中で最も汚染度の高い石炭を放棄するよう発展途上国を説得しようとする裕福な国々による、これまでで最も野心的な取り組みです。 首脳間の1年以上にわたる交渉の後、インドネシアのバリで開催されたG20サミットで発表されました。 このニュースは、11 月 6 日から 2 週間にわたる国連気候会議のために 200 近くの国から外交官が集まったエジプトで、一斉に注目を集めました。

この計画は、石炭火力発電所を廃止し、再生可能エネルギーに移行し、労働者を再訓練するという同国のコミットメントと引き換えに、米国とヨーロッパ諸国が南アフリカに85億ドルの助成金と融資を約束した昨年の合意の輪郭にほぼ沿っています。 Just Energy Transition Partnerships として知られる同様の取り決めは、ベトナム、セネガル、インドとも協議されています。

取引の一環として、インドネシアは電力部門からの二酸化炭素排出量を 2030 年までに 2 億 9000 万トンに制限することを約束しました。これには、国が予想より 7 年早く排出量のピークに達し、石炭の使用を削減する必要があります。

インドネシアはまた、現在の約 11% のレベルから、2030 年までに風力や太陽光発電などの再生可能エネルギー源から 34% の電力を生成することを目指しています。

引き換えに、裕福な国は、ローン、助成金、および民間投資を組み合わせてインドネシアに提供しますが、正確な組み合わせはまだ解決されていません。 米国、日本、カナダ、および英国、フランス、ドイツを含むいくつかのヨーロッパ諸国の政府から、およそ 100 億ドルがもたらされることになります。 米国務省によると、さらに 100 億ドルが、バンク オブ アメリカやシティバンクなどの銀行を含む民間投資家からもたらされると予想されています。

バイデン大統領の気候特使であるジョン・ケリー氏は声明で、「インドネシアはあらゆる段階で、インドネシアの人々のために働き、投資を引き付けるクリーンな経済を構築することの重要性を伝えてきた。 「私たちは共に、その目標に対する共通のビジョンを持っており、それに向かってたゆまぬ努力をするために手を取り合って取り組んでいきます。」

インドネシアは電力の 60% を石炭で発電しており、昨年は地球温暖化につながる二酸化炭素を世界で 9 番目に排出していました。 国営電力会社は、急速に成長する同国の経済を支え、信頼できるアクセスを持たない何百万人ものインドネシア人に電力を供給するために、13 ギガワット以上の新しい石炭容量を建設する計画を立てています。

それでも、この取引が実際にどのように機能するかについては、重要な問題が残っています。 インドネシアの財団であるトレンド・アジアの研究者であるアンドリ・プラセティヨ氏は、この取引の多くが、助成金やより有利な条件での資金調達ではなく、インドネシアをさらに負債に追い込むローンで構成されるのではないかと懸念していると語った。 彼はまた、再生可能エネルギーを送電網に追加することを困難にしている現在の政策を刷新するために、インドネシアは大きな支援を必要としていると述べた。

インドネシア、米国、およびその他のパートナーは、今後 3 ~ 6 か月で、資金調達の構造や、インドネシアが行う必要のある政策変更の種類など、計画の詳細を最終決定することを目指しています。 これには、再生可能プロジェクトの改革の許可や新しい調達政策が含まれる可能性があります。

「これは決して簡単なことではありません。すべては詳細にかかっています」と Prasetiyo 氏は語った。

資金をめぐる争いは、エジプトでの気候交渉における主要な緊張点となっています。 開発途上国は、よりクリーンなエネルギーへの移行、気候変動の影響への適応、異常気象による被害からの回復を支援するために、おそらく年間数千億ドルが必要になると主張しています。 これまでのところ、裕福な国々は、2020 年までに以前に誓約した年間 1,000 億ドルの気候変動資金をはるかに下回っています。

ロンドンの気候変動シンクタンクであるE3Gの化石燃料移行の専門家であるカミラ・フェニングは、南アフリカとインドネシアでの石炭取引が成功すれば、他の世界のモデルになる可能性があると述べた. 米国や日本のような裕福な国にとって、エネルギー移行の支援を必要とする各国とパートナーシップを交渉するのはおそらく時間がかかりすぎるだろうが、これらの取引は多国間開発におけるより大規模なプログラムのテンプレートを提供する可能性があると彼女は述べた.銀行など。

「大きな問題は、お金がこれらのパートナーシップに迅速かつ適切に流れ込むかどうかです」とフェニング氏は言いました。 「そうしなければ、これまでどれだけの注目を集めてきたかを考えると、これらの取引に対する信頼が本当に損なわれることになるだろう.」



Source link