精子数が減少するにつれて、人間は生殖の危機に直面する可能性がある、と研究が発見 | 不妊の問題

hobokenobserver.com


精子数の減少に対処するための行動が取られなければ、人間は生殖の危機に直面する可能性があると研究者は、減少率が加速していることを発見した後、警告した.

ヒューマン・リプロダクション・アップデート誌に掲載された研究は、おそらく自分の生殖能力に気づいていなかった男性からの 153 の推定に基づいており、1973 年から 2018 年の間に平均精子濃度が 1 ml あたり推定 101.2m から 49.0m に低下したことを示唆しています。 51.6%。 精子の総数は同じ期間に62.3%減少しました。

2017 年に報告された同じチームによる研​​究では、過去 40 年間で精子の濃度が半分以上になっていることがわかりました。 しかし、当時は世界の他の地域のデータが不足していたため、調査結果はヨーロッパ、北米、オーストラリアを含む地域に焦点を当てていました. 最新の調査には、53 か国の最新データが含まれています。

精子濃度の低下は、以前に調査された地域だけでなく、中南米、アフリカ、アジアでも見られました。

さらに、減少率は増加しているように見えます.1972年以降にすべての大陸で収集されたデータを見ると、研究者は精子濃度が年間1.16%減少していることを発見しました. ただし、2000 年以降に収集されたデータのみを見ると、減少率は年 2.64% でした。

「これは、地球に何か問題があり、それに対して何かをする必要があるという別のシグナルだと思います。 そうです、それは危機だと思います。 [had] 元に戻せないような転換点に達する前に、今すぐ取り組みましょう。」

以前の研究では、精子濃度が約 40m/ml を下回ると受精能が損なわれることが示唆されていました。 最新の推定値はこのしきい値を上回っていますが、これは平均的な数値であり、このしきい値を下回る男性の割合が増加することを示唆していると Levine 氏は指摘しました。

「このような減少は、個体群の繁殖能力の低下を明確に表しています」と彼は言いました。

この研究では、年齢や男性が射精しなかった期間などの要因が考慮され、不妊症に苦しむことが知られている男性は除外されましたが、精子の質の他のマーカーを調べていないなどの制限があります.

この研究には関与していないシェフィールド大学アンドロロジー教授のアラン・ペイシー氏は分析を称賛したが、衰退があるかどうかについてはまだ意見が分かれていると述べた。

「精子を数える、ゴールドスタンダードの技術でも [the laboratory process] 血球計算は本当に難しいです」と彼は言いました。 「世界中でトレーニングと品質管理プログラムが開発されたおかげで、時間の経過とともに単純に改善されたと思います。 これは、私たちがデータで見ていることの大部分だと今でも思っています。」

しかし、レバイン氏はそのような懸念を一蹴し、いずれにせよ、減少は近年より顕著になっていると付け加えた.

明らかな傾向の背後にあるものは不明ですが、1 つの仮説は、子宮内の胎児に作用して、内分泌かく乱化学物質またはその他の環境要因が役割を果たしている可能性があるというものです。 専門家は、喫煙、飲酒、肥満、偏った食生活などの要因も関与している可能性があり、健康的なライフスタイルが精子数の増加に役立つ可能性があると述べています.

南デンマーク大学のティナ・コルド・ジェンセンは、新しい研究は懸念すべき傾向を再現していると述べた. 「どれだけ多くの研究を含めても、同じ傾向を見つけ続けることは、私にとって少し怖いことです」と彼女は言いました.

エディンバラ大学の男性リプロダクティブ・ヘルスの専門家であるリチャード・シャープ教授は、新しいデータは、この傾向が世界的な現象であるように見えることを示していると述べた.

シャープ氏によると、この減少は妊娠に時間がかかることを意味している可能性があり、多くの場合、女性の受胎能力がすでに低下している30代または40代になるまで妊娠を試みるのを遅らせているため、時間は彼らの味方ではありません.

「強調しなければならない重要な点は、これはカップルの生殖能力にとって非常に悪いニュースだということです」と彼は言いました.

しかし、シャープは次のように述べています。 彼らはまた、今後50年余りの間に社会にとっても大きな問題となる.



Source link