度数をめぐる衝突: 各国は地球がどれだけ熱くなるのを許すべきか?


エジプト、シャルム エル シェイク — グラスゴーで開催された昨年の世界気候会議で、世界の指導者、科学者、最高経営責任者は、「1.5 を維持する」という呼びかけに結集しました。

このマントラは、2015 年のパリ気候協定ですべての政府が支持した、世界の平均気温が産業革命前の水準から摂氏 1.5 度 (華氏 2.7 度) 以上上昇するのを食い止めようという野心的な目標に言及したものでした。 その閾値を超えると、気候変動による大惨事のリスクが大幅に高まると科学者は言います。

今、1.5 は大切な人生のためにぶら下がっています。

この紅海の町で進行中の国連気候サミットで、各国は 1.5 度の目標を引き続き目指すべきかどうかで衝突しています。

米国と EU はどちらも、COP27 として知られるサミットでの最終合意は、温暖化を 1.5 度に抑えることの重要性を強調すべきだと述べています。

しかし、いくつかの先進国の交渉担当者によると、中国を含むいくつかの国は、これまでのところ1.5度の目標を再確認する努力に抵抗している. そうしないことは、昨年の気候協定からの大きな逸脱であり、一部の人にとっては、敗北を暗黙のうちに認めることになる.

「ここに着いたとき、非常に強い後退感を覚えました」と、アイルランドの元大統領であり、エルダーズと呼ばれる著名な元指導者のグループを率いるメアリー・ロビンソンは言いました。 ロビンソン氏は、世界最大の企業や市民社会団体約 200 のリーダーとともに、気候交渉で各国政府に 1.5 度を維持するよう求める書簡に署名しました。

この気温目標は「安全な生活の限界」であり、ロビンソン氏はこう付け加えた。

一部の国では、論争は数字の域を超えています。 標高の低い島嶼国の指導者たちは、世界の平均気温が 1.5 度を超えると、自国の領土の広大な範囲が押し流される可能性があると述べています。 ガーナの環境大臣であるクワク・アフリエ氏は、「これは、すべての脆弱な国々の生き残りの問題です。

今週、インドネシアのバリで開催されている世界の 20 の経済大国による会合で、指導者たちは 彼らは解決したと言った 「気温上昇を摂氏1.5度に抑える努力を追求する」ことで、エジプトでの気候交渉で外交官に圧力をかけた。

しかし、今年は世界の二酸化炭素排出量が過去最高に達したため、一部の交渉担当者は、書面での合意内容に関係なく、1.5 度の目標はすぐに達成できなくなる可能性があると懸念しています。 最近の国連の報告によると、地球はすでに産業革命前のレベルと比較して平均で摂氏 1.1 度上昇しており、各国政府の現在の政策の下では、世界は今世紀中に摂氏 2.1 度から 2.9 度上昇するペースで進んでいます。

「地球温暖化を 1.5 度に抑えるという目標は生命維持にかかっている」と、バハマのフィリップ・デービス首相はエジプト会議で世界の指導者に向けたスピーチで述べた。 「これは多くの人にとって認めるのが難しい真実です。なぜなら、最良のシナリオでさえ、ほとんど想像を絶する激動と悲劇を意味するからです。」

2 月にロシアがウクライナに侵攻したことで、化石燃料の使用を削減するための取り組みが複雑化した世界的なエネルギー争奪戦が始まりました。 天然ガスの価格が急騰したため、ヨーロッパなどの国々は、さらに汚れた化石燃料である石炭の燃焼に切り替え、今後数十年にわたって稼働できる新しい天然ガスのパイプラインとターミナルへの投資を開始しました。 西側諸国の制裁にもかかわらず、ロシアの燃料輸出も同様に継続し、単に別の貿易相手国に向かった。 米国では、共和党員が引き続き、石油とガスの生産と探査の拡大を求めています。 化石燃料会社は、COP27 で各国と多くのガス取引を行っています。

アル・ゴア元米国副大統領は、エジプト首脳会談の初日の演説で、これらすべてが地球温暖化を1.5度に抑えることを事実上不可能にする可能性があると述べた.

「世界をリードする科学者とエネルギーの専門家は、新しい化石燃料の開発は、気温上昇の限界である 1.5 度と相容れないと語っています」と彼は言いました。

パリ協定には、世界の正確な気候目標がどうあるべきかについていくつかの曖昧さが含まれています。 この協定は、各国が地球温暖化を摂氏2度を「十分に下回る」水準に保つことを約束する一方で、温暖化を摂氏1.5度に抑えるための「努力を追求」すべきだと述べた。

0.5 度というと大したことには思えませんが、気温が 0.5 度上昇するたびに、生命を脅かす熱波、水不足、沿岸の洪水にさらされる人が世界中で何千万人も増えることを意味する可能性があることを科学者は発見しました。 1.5 度の世界​​にはまだサンゴ礁と夏の北極の海氷があるかもしれませんが、2 度の世界​​にはほとんどないでしょう。

その結果は、「世界の特定の地域での食糧安全保障と作物栽培能力の点で、また、極度の氾濫原のリスクと極度の暑さのリスクにさらされている人々の数の点で、大きく異なります」と大統領のRaj Shahは述べています。ロックフェラー財団の、と述べた。

しかし、現時点で温暖化を 1.5 度に抑えるには、費用がかかり、政治的に困難で混乱を招く抜本的な措置が必要であり、ほぼすべての国の指導者が協調して行動する必要があります。 科学者たちは、2030 年までに化石燃料の総排出量を約半分に削減し、2050 年までに二酸化炭素を大気中に排出するのを完全にやめなければならないだろうと計算しています。 そのためには、前例のないペースですべての電力および輸送システムを完全に見直す必要があります。 そして、毎年何もしないでいると、仕事は難しくなります。

比較すると、温暖化を 2 度に抑えるには、排出量を半分に削減するのにさらに 10 年かかります。

世界最大の排出国である中国は、1.5 の目標についていくつかの懸念を持っていると、グリーンピースの北京に拠点を置く政策顧問の Li Shuo 氏は述べた。 それは中国政府に対し、温室効果ガス削減のためのより厳しい国内目標を採用するよう圧力をかけることになるだろう、と彼は言った。 そしてもし米国が、ドナルド・J・トランプ大統領の下で行ったように、気候変動との世界的な戦いから撤退するとしたら、中国は単独でその重荷を背負うことになるだろう。

李氏は「約束を果たす米国の能力について懐疑的な見方がある」と述べた。 「米国は議会の抵抗を理由に立ち去ることができ、その一方で、中国はより責任を問われることになるだろう。 」

COP27 の中国代表団は、コメントの要請に応じなかった。

世界第 3 位の排出国であるインドは、これまで 1.5 度目標に過度に注目することに慎重でした。 その目標を達成するために、インドの当局者は、より裕福な国は、現在よりもはるかに迅速に排出量を削減し、貧しい国により多くの財政援助を提供する必要があると述べています。 . これまでのところ、裕福な政府はそれを実行できていません。

COP27 のインド代表団はコメントを控えた。

一部の世界の指導者は、各国が目標を支持したとしても、1.5 の気候目標が達成されることにますます悲観的になっているようです。 結局のところ、紙に書かれた言葉は排出量を削減しません。

バルバドスのミア・モトリー首相は、発展途上国が化石燃料から脱却するのを支援するために、より多くの資金を解放するために、世界銀行と国際通貨基金を改革するキャンペーンを主導しています。 彼女は、それが変化をもたらすことを期待して、「1.5 to Stay Alive」と唱えるだけでは十分ではないと述べました.

「私はそれを何度も何度も繰り返さなければならないことに誇りを持っていません」と彼女は言いました.

代わりに、彼女は、記録的な暴風雨、洪水、火災、干ばつが 1 年続いた後、大気中に熱を閉じ込めている二酸化炭素、メタン、その他のガスを削減するという懸命な作業を各国が行わなければならないと述べました。

しかし、断固たる楽観主義者には、かすかな希望があります。

バイデン氏は今年、風力タービン、太陽光パネル、原子力発電所、水素燃料、電気自動車、電気ヒートポンプなどの低炭素技術に 3,700 億ドルを投入する、米国初の主要な気候関連法であるインフレ削減法を力強く推進しました。 これにより、2030 年までに、2005 年のレベルよりも 40% 低い排出量を国が削減できると予測されています。

気候サミットでの演説で、バイデン氏は他の国々に対し、彼の先例に倣い、地球温暖化による排出量を早急に削減する計画を立てるよう呼びかけた。

「この戦いに勝つためには、すべての主要排出国が1.5度に合わせる必要がある」とバイデン氏は語った。 「私たちはもはや、自分の行動の結果について無知であることを弁明したり、過ちを繰り返し続けたりすることはできません。」

1.5 がまだ可能であると信じている人々を元気づけたもう 1 つの最近の進展は、献身的な環境保護主義者であるルイス イナシオ ルーラ ダ シルバがブラジル大統領に選出されたことです。 水曜日の気候サミットで講演する予定のルラ氏は、アマゾンの熱帯雨林を保護することを約束しました。 ルーラ氏は、環境保護プログラムを削減し、森林破壊の急激な増加を監督したジャイル・ボルソナロを追放した。

非営利団体であるアマゾン ウォッチのエグゼクティブ ディレクターであるレイラ サラザール ロペスは、次のように述べています。 「ブラジルの選挙が逆の方向に進んでいたとしたら、私たちは間違いなく転換点を超えており、1.5のチャンスはなかったと思います。」

国際エネルギー機関はまた、ロシアのウクライナ侵攻によって引き起こされたエネルギー危機により、エネルギー安全保障を改善するために、この 10 年間でより多くの国が低排出技術に投資するようになると予測しています。 クリーン エネルギーへの世界の投資額は、今年の 1.3 兆ドルから 2030 年までに年間 2 兆ドル以上に増加すると予想されていますが、それでもなお、温暖化を 1.5 度に抑えるために必要な額の半分にすぎません。

「科学は、化石燃料の拡大と炭素排出を止めれば、実際に状況を好転させることができることを示しています。 「これは11時間目のセーブのようなものですが、あきらめることはできません。」





Source link