英国はエネルギー企業への棚ぼた税を引き上げ、原子力発電に賭ける



ロンドン
CNN事業

英国政府は棚ぼた税を引き上げています 景気後退の中で予算のバランスを取るために奮闘しているため、石油およびガス会社に課税し、発電事業者に課税を拡大しています。 また、数十年ぶりに原子力への投資も行っています。

英国のジェレミー・ハント財務相は木曜日、政府の中期予算を発表する際にこの措置を発表し、増税と公共支出の削減計画を示した。

財務省によると、1 月 1 日から、石油およびガス会社に対するエネルギー利益税は 25% から 35% に引き上げられ、2028 年 3 月末までそのまま維持されます。

また、この期間中の発電事業者の超過利益に対して、新たに一時的な 45% の課税が行われます。 英国では、電力価格は卸売ガス価格に連動しており、これは多くの発電事業者も巨額の利益を上げていることを意味します。

これらの措置を合わせると、来年は 140 億ポンド (165 億ドル) の資金が集まり、 2022 年から 2028 年までに 550 億ポンド (650 億ドル) 以上。

英国では、ロシアのウクライナ侵攻による価格上昇のおかげで、今年記録的な利益を上げている石油・ガス会社の予想外の利益に対する増税を求める声が高まっている。

同時に、家計と企業は、エネルギーと食料の請求書が急増した結果、何十年にもわたる高インフレに圧迫されています。 英国の年間インフレ率 10 月には 11.1% に上昇し、41 年ぶりの高水準となった。

ハント氏は、木曜日の議会で、「たまたま税が、エネルギー価格の予想外の上昇によって引き起こされたたなぼた利益に関するものであるなら、私はその税に異議を唱えません」と述べた。 「そのような税金は一時的なものであるべきであり、投資を妨げたり、エネルギー事業の循環的な性質を認識したりするべきではありません」と彼は付け加えました。

ハント氏によると、英国は今年、パンデミック前のレベルと比較して、さらに 1,500 億ポンド (1,769 億ドル) をエネルギー費に費やすことになります。 それは 2 番目の国民健康サービスの支払いに相当します。

木曜日にハント また、2024 年 4 月まで、エネルギー法案に対する政府の支援をさらに 12 か月延長しましたが、平均的な世帯は、現在の 2,500 ポンド (2,951 ドル) から年間 3,000 ポンド (3,451 ドル) を支払うことになると予想されるはずです。

フランスのEDFが運営する英国のサイズウェルB原子力発電所。  Sizewell C は同じサイトに配置されます。

エネルギー税の引き上げに加えて、ハントは英国東部でフランスの EDF が運営する原子力発電所であるサイズウェル C への 7 億ポンド (8 億 2,400 万ドル) の投資を確認した。

この取引は、昨年9月にボリス・ジョンソン元首相によって最初に発表され、30年以上ぶりに原子力プロジェクトを支援する州となった.

ハント氏によると、これは 50 年以上にわたって 600 万世帯に相当する電力を供給し、英国の「エネルギー自給への旅」における「最大の一歩」を表しています。

ハント氏は、2030 年までに炭素排出量を 68% 削減するという英国のコミットメントを再確認しました。

彼は、2025 年 4 月から、電気自動車のドライバーは自動車税の支払いを免除されなくなると付け加えました。



Source link