韓国と日本の当局者によると、北朝鮮はICBMと疑われるものを日本沖に発射した



ソウル、韓国
CNN

北朝鮮は金曜日に大陸間弾道ミサイル (ICBM) を発射した。これは金正恩政権による 2 日間で 2 回目のミサイル実験であり、日本の岸田文夫首相によって容認できないと非難された行動である。

ICBM は、北朝鮮の首都平壌の順安地域から現地時間午前 10 時 15 分頃に発射され、東に約 1,000 キロ (621 マイル) 飛行した、と韓国の統合参謀本部 (JCS) は述べた。

海上保安庁によると、岸田氏は、日本の大島大島の西約 210 キロ (130 マイル) にある日本の排他的経済水域 (EEZ) に落下した可能性が高いと述べた。 日本上空には飛ばなかった。

岸田外相は金曜日、タイのバンコクで開催されたアジア太平洋経済協力会議(APEC)で記者団に対し、「北朝鮮はこれまでにない頻度で挑発的な行動を続けている」と語った。

「そのような行動は受け入れられないことを改めて表明したい」と彼は言った。

日本政府は引き続き情報を収集・分析し、迅速な最新情報を国民に提供していく」と述べた。 これまでのところ、海上で船舶が損傷したという報告はないと岸田氏は付け加えた。

JCS によると、ICBM はマッハ 22、つまり音速の 22 倍の速度で高度約 6,100 キロメートル (3,790 マイル) に達した。詳細は韓国と米国の情報当局によって分析されている。

合同委員会は発射を「重大な挑発と重大な脅威行為」と呼び、北朝鮮に国連安全保障理事会の決議に違反していると警告し、直ちに中止するよう求めた。

在日米軍の広報部長であるグレッグ・ヒグナイト米空軍大佐によると、三沢空軍基地はミサイルの発射後、避難警報を発した。 それは現在解除されており、米軍はまだ飛行経路を分析していると彼は言った。

発射は、北朝鮮が短距離弾道ミサイルを朝鮮半島の東海岸沖の海域に向けて発射し、韓国とのより緊密な防衛関係に対する「より激しい軍事的反撃」の厳しい警告を米国に発した翌日に行われた。そして日本。

これは、今月 2 回目の大陸間弾道ミサイルの試験発射と疑われるものであり、11 月 3 日に発射された以前のミサイルは失敗したように見えた、と韓国政府筋は当時 CNN に語った。

米国、韓国、日本がミサイル発射と共同軍事演習で対応し、兵器のテストとレトリックの積極的な加速は、この地域での警戒を引き起こしました。

ソウルの梨花女子大学の国際関係学准教授であるレイフ=エリック・イーズリー氏は、北朝鮮は「軍事的緊張をエスカレートさせ、アメリカの都市を核攻撃の危険にさらす能力があることを示唆することで、北朝鮮に対する国際協力を混乱させようとしている」と述べた。

CNN の集計によると、北朝鮮は今年 34 日間にわたってミサイル実験を実施し、1 日に複数のミサイルを発射することもありました。 集計には巡航ミサイルと弾道ミサイルの両方が含まれており、後者が今年の北朝鮮の実験の大部分を占めています。

これら 2 種類のミサイルには大きな違いがあります。

弾道ミサイルはロケットで発射され、地球の大気圏外を移動し、宇宙空間を滑空してから大気圏に再突入し、重力のみを動力源として目標に到達します。

巡航ミサイルはジェット エンジンを動力とし、飛行中は地球の大気圏にとどまり、飛行機と同様の制御面で操縦できます。

カーネギー国際平和基金の核政策プログラムの上級研究員であるアンキット・パンダ氏は、金曜日の推定された大陸間弾道ミサイル発射を「それ自体」メッセージとは見なさないが、北朝鮮の「プロセスの一部」と見なすことができると述べた。金正恩が核戦力の近代化に不可欠であると特定した開発能力。」

米国と国際的なオブザーバーは、北朝鮮が核実験場での活動を示す衛星画像で、地下核実験の準備をしているように見えると何ヶ月も警告してきました. このようなテストは、隠者国家で 5 年ぶりのことです。

非拡散研究センターの東アジア非拡散プログラムの責任者であるジェフリー・ルイス氏は、ICBM テストは北朝鮮のミサイル計画の一部を検証するために設計されたものであり、金正恩委員長が今年行うことを誓ったと語った。

最近の短距離試験は、「最前線の砲兵部隊が核による先制攻撃を行うための演習である」とルイスは述べた。

彼は、テストからの政治的または交渉的なメッセージを却下しました。

「私は、これらのテストを主なシグナル伝達とは考えていません。 北朝鮮は今、話をすることに興味がない」とルイス氏は語った。



Source link