ロシアの撤退後、ウクライナのヘルソンで発見された集団墓地「拷問室」


ドニプロ、ウクライナ -ロシアの空爆は木曜日にウクライナ全土のガス、電気、その他の重要なインフラストラクチャーを標的とし、冬が始まるちょうどその時、膨大な数の民間人への暖房と水の供給を停止しました。国中に雪が降り始めたとき、ヴォロディミール・ゼレンスキー大統領は、ウラジーミル・プーチンの戦術は1,000 万人以上のウクライナ人が電気を利用できなくなりました。

これには、ウクライナの東部と南部での数か月にわたるロシアの占領から最近解放された村、町、都市の多くの住民が含まれます。 ロシアの侵略軍が数週間前にウクライナ軍の進軍に伴って逃亡したばかりの南部の主要都市ヘルソンの人々は、すでに多くのことに耐えてきたが、今や力のない冬を見つめている。

しかし、今はまだ歓喜があります。 米軍がナチスの打倒に貢献して以来、ヘルソンが現在経験しているような祝賀会がヨーロッパで見られるようになったのは初めてだ。

そして今、ロシア人が急いで撤退したときに残したものを見て、その理由が明らかになりました。

侵略者の手による拷問であると生存者が言う手段は、今でもヘルソンの警察署に散らばっています。 住民とウクライナ当局者は、プーチンの軍隊がそれを「拷問部屋」に変えたと言い、空気はまだ煙に覆われている.

生存者であるオレクサンダーは、旧警察署に収容されていた仲間の何人かが感電死したと語った。

「私の同房者の舌は尋問の後、黒く腫れ上がり、口に戻すことができませんでした」と彼は言いました。

Vitaly と Alesha は、ウクライナ軍に情報を伝えた後、目隠しをされ、地下室に連れて行かれたと述べた。

「私の腎臓の周り、ここで、彼らは私を蹴り、鼻血が出るまで顔を殴りました」とアリーシャは言いました。 「彼らは、私たちに地雷原を通り抜けてウクライナの陣地に向かわせるとさえ言った。」

ロシア軍は撤退しましたが、ドニプロ川のすぐ向こう側で、まだ耳の届く範囲にあります。 川は現在、地面を取り戻して西岸まで押し上げたウクライナの守備隊と、反対側を掘った占領者との間の最前線を形成しています。

これにより、川の西岸にあるヘルソン市と、その大砲や銃撃は言うまでもなく、そのすべての人々は依然としてロシアが管理する携帯電話塔の範囲内にあります。

トラウマを抱えた生存者に加えて、ロシアの退却は集団墓地も残しました。

ウクライナの主任捜査官は、あるヘルソン墓地の遺体にはすべて拷問の痕跡があったと述べた。

ウクライナ議会の人権委員であるドミトロ・ルビネツ氏は、ロシアによる数カ月にわたるヘルソン占領中に3,000件以上の犯罪が行われ、その90%がレイプ、拷問、殺人などの戦争犯罪であると述べた。

一方、ウクライナのメディアは、デニス・モナスティルスキー内相の発言を引用し、「捜索は始まったばかりであり、さらに多くの地下牢や埋葬地が発見されるだろう」と述べた。



Source link