ヴォロディミル・ゼレンスキー大統領は、ウクライナ東部で激しい戦闘が続いており、前日だけで約 400 件の砲撃が記録されていると述べた。 「最も激しい戦い」がドネツク地域で行われている、と彼は付け加えた。 冬が近づき、双方が来年も戦いを続ける準備をしているにもかかわらず、ほぼ9か月前の紛争は衰える兆しを見せていません。