COP27は、排出量の進歩を犠牲にして気候基金のブレークスルーを実現します


  • COP27 気候サミットは、週末のマラソン交渉の後に終了します
  • 最終取引で、歴史的な気候変動資金基金の創設が実現
  • 交渉担当者は、一部がより厳しい排出目標を阻止したと述べている

[シャルム・エル・シェイク(エジプト) 20日 ロイター] – 各国は今年の国連気候サミットを日曜日に締めくくったそれらを引き起こす排出に取り組む際に。

この取引は、地球温暖化が脆弱な国々にすでに与えている壊滅的な影響に対応するための勝利として広く称賛されました. しかし多くの国は、損害賠償基金に関する画期的な合意を成立させるために、地球温暖化を摂氏 1.5 度に抑えるというより厳しい公約を放棄せざるを得ないというプレッシャーを感じていると述べた。

エジプトの COP27 議長である Sameh Shoukry が最終議題項目をガタガタと動かし、取引を小槌で通過させたとき、参加者は – 一晩中の激しい交渉の後に疲れ果てていました – 異議を唱えませんでした。

2015 年のパリ協定で設定された 1.5 ℃ の目標へのより強いコミットメントについての合意はありませんでしたが、「私たちは最も脆弱な人々と一緒に立ちたいので、ここで合意された内容を受け入れました」と、ドイツのジェニファー・モーガン気候長官は目に見えて動揺していると語った。ロイター。

より強力な気候変動対策の野心という目標が合意のために妥協されたかどうかをロイターが尋ねたとき、メキシコの首席気候交渉担当官であるカミラ・ゼペダは、疲れ果てた交渉担当者の間の気分を要約した.

「たぶんね。勝てれば勝てる」

損失と損害

損害賠償基金の取り決めは、小島嶼やその他の脆弱な国々が、そのような基金が彼らを法的に開放することを恐れて、長い間この考えに抵抗していた 27 カ国からなる EU と米国を獲得するという外交上のクーデターを示した。過去の排出に対する責任。

これらの懸念は、資金を豊かな国に頼るのではなく、金融機関を含むさまざまな既存の資金源から調達することを求める合意の文言で緩和されました.

マーシャル諸島の気候特使は、彼女は「疲れ果てた」が、基金の承認に満足していると述べた. キャシー・ジェットニル・キジナー氏は、「今週ずっと、多くの人が私たちがそれを理解できないと言っていました. 「彼らが間違っていてよかった」

しかし、基金が存在するまでには数年かかる可能性が高く、この合意は、誰が楽しみを監督するか、資金がどのように分配されるか、誰に分配されるかなど、長引く問題を解決するためのロードマップのみを定めている.

COVID-19の検査で陽性となった後、週末の交渉に直接出席しなかった米国の気候変動特使ジョン・ケリーは、日曜日に、「世界中の脆弱なコミュニティに対する気候変動の壊滅的な影響に対応するための取り決めを確立する」ための協定を歓迎した。

声明の中で、彼は中国のような主要な排出国に、1.5℃の目標を維持するための「彼らの野心を大幅に強化する」よう引き続き圧力をかけ続けると述べた.

化石燃料フィズル

損害賠償基金の取引に支払われた代償は、排出量の削減と、国連の気候交渉の用語で「緩和」として知られる、汚染を引き起こす化石燃料の使用の削減に関する文言で最も明白でした。

スコットランドのグラスゴーで開催された昨年の COP26 サミットでは、1.5C の目標を維持するというテーマに焦点が当てられました。科学者は、そのしきい値を超えて温暖化すると気候変動が極端なスパイラルに陥ると警告しています。

各国はその後、今年のエジプトサミットの前に各国の気候目標を更新するよう求められました。 約 200 の政党のほんの一部だけがそうしました。

多くの国は、損失と損害の合意を称賛する一方で、COP27 が緩和をさらに押し進めていないことを非難し、一部の国はグラスゴー気候協定でなされた約束を後退させようとしていると述べた。

「グラスゴーのラインを維持するために、私たちは容赦なく戦わなければなりませんでした」と、グラスゴーの取引の立案者であるアロク・シャルマは、目に見えて不満を感じているとサミットで語った.

彼は、エジプトでの COP27 の最終合意に向けた交渉で妨げられた、野心を後押しする多くの措置を挙げた。石炭の? このテキストにはありません. すべての化石燃料を段階的に廃止するという明確なコミットメント? このテキストにはありません.

化石燃料に関しては、COP27 の合意テキストはグラスゴーの文言を大部分繰り返しており、締約国に対し、「衰えない石炭火力の段階的縮小と非効率な化石燃料補助金の段階的廃止に向けた取り組み」を加速するよう呼びかけている。

すべての化石燃料を段階的に廃止するか、少なくとも段階的に削減するというコミットメントを含める努力は阻止されました。

同じく日曜日に承認された別の「緩和作業プログラム」協定には、欧州連合を含む一部の締約国が、これまで以上に野心的な排出削減目標へのコミットメントが弱まっていると感じるいくつかの条項が含まれていました。

批評家は、排出目標を定期的に更新するというグラスゴーの公約を損なうと述べたセクションを指摘し、作業プログラムは「新しい目標や目標を課すものではない」と述べた. COP27 協定の別のセクションでは、パリ協定で設定されたより長い 5 年サイクルに戻ることを支持して、毎年の目標更新のアイデアを削除しました。

ドイツのアンナレナ・ベアボック外相は、「化石エネルギーの緩和と段階的廃止に関する遅滞した措置が、多くの大規模な排出国や産油国によって妨害されているのを見るのは、いらだたしいことではない」と述べた。

この取引には「低排出エネルギー」への言及も含まれており、二酸化炭素とメタンの両方の排出につながる化石燃料である天然ガスの利用拡大への扉を開いたという懸念が一部に生じた。

ノルウェーのエスペン・バルト・アイデ気候相は記者団に対し、「グラスゴーと完全に決別するわけではないが、野心はまったく持ち上がらない」と語った。

気候変動に起因する海面上昇による将来の洪水に直面しているモルディブの気候大臣は、排出量の抑制に対する野心の欠如を嘆いた.

Aminath Shauna 氏はプレナリーで、「COP27 での損失と損害基金に関する進展を認識しています」と語った。 しかし、「私たちは緩和に失敗しました…2025年までに排出量をピークに達するという目標を確実に引き上げなければなりません。化石燃料を段階的に廃止しなければなりません。」

Valerie Volcovici、Dominic Evans、William James による報告。 ケイティ・デイグル著

当社の基準: Thomson Reuters Trust Principles。



Source link