「貧しい国」に「気候補償」を支払うというバイデンの狂気の入札


最新の地球規模の気候変動会議からの「結果を示す」ための哀れな入札で、バイデン政権は、狂った「気候補償」計画に署名することにより、西ヨーロッパのヒステリックな先導に続いた。

それはとんでもないことです。 それは COP-27 会議の想定された目標である地球規模の炭素排出量の削減に何の進歩ももたらさないでしょう。 それが約束どおりに機能する場合、それは裕福な国から貧しい国の(主に腐敗した)支配階級への別の富の移転にすぎません.

ちょうど終わったばかりのエジプトでの気候交渉は、排出量を削減するための新たなコミットメントをもたらしたとしてもほとんどありませんでした。 ロシアの対ウクライナ戦争によって引き起こされたエネルギー危機の中で、あまりにも多くの先進国が、ガス、石油、さらには石炭の新しい供給源を見つけようと競い合っています。

そのため、代わりに、「何らかの進歩が必要」なクルーは、おそらく気候変動の最大の犯罪者であると思われる裕福な国から、気候が引き起こした自然災害から「損失と損害」を被ったと主張する貧しい国に資金を分配するという誓約を選択しました。 (米国はこの協定に抵抗したが、欧州連合が署名した後に屈服した。)

世界の指導者 望み 細則 (つまり、誰が誰に、どのように支払うか) を来年中に最終決定する予定ですが、アメリカは間違いなく、すべての中で最大の金額を求めて圧迫されるでしょう。 一方、中国 — 米国よりも多くの CO2 を排出 ヨーロッパを合わせたものは、国連の気候変動規則がヨーロッパを「発展途上国」と見なしているため、免除されています。

西側諸国はともかく すでに 一般的な経済援助の形で、貧しい人々に数十億ドルを出荷する 気候対策を推進する。 また、第三世界の「気候が引き起こした災害」のほとんどは、明らかにそうではありません。それは、ヒステリーに完全に乗っかっている世界のメディアが、好意的な物語をチェックすることを拒否しているだけです。

また、資金を得ている国の平均的な市民は、新たな援助の 1 セントも目にすることはないだろう。 これらの国は「被害者」としてカウントされるため、質問することはできません。

アメリカ人は、家庭でのグリーン アジェンダの愚かさのおかげで十分に苦しんできました。実行可能な代替手段がないにもかかわらず、化石燃料の生産を制限すると、エネルギー価格が急騰し、ほとんどのグリーン補助金は企業の福利厚生にすぎません。

現在下院をわずかに支配している共和党はブロックする必要がある どれか 「気候補償」に資金を提供するために出荷される米国のお金。 いずれにせよ、バイデン&カンパニーは、米国の納税者がすでに支援している世界銀行やその他の国際機関を通じて、米ドルを提供する可能性が高い. しかし、それは2024年に大統領と彼のような民主党員を投票するもう1つの理由です.



Source link