ロシアとウクライナの戦争: 何百万人ものウクライナ人がこの冬に避難を余儀なくされると予想される


クレジット…The New York Times の Lynsey Addario

世界保健機関(WHO)の当局者は月曜日、この冬、300万人ものウクライナ人が家を離れると予想されていると述べた.

ロシアの占領下で数ヶ月を過ごした、最近奪還されたウクライナ南部の都市、ヘルソンからの自主的な避難は、ウクライナのインフラに対するモスクワの攻撃の増加が全国の住民に影響を与え、暖かく過ごし、計画停電として基本的な必需品を手に入れることへの恐怖を高めたときに始まりました。断水と暖房の中断が新しい常態になります。

ウクライナのイリナ・ヴェレシュチュク副首相はテレグラムの声明で、政府は住民がヘルソンを離れるのを支援し始めたと述べた。 月曜日の夜、市内から少なくとも 1 本の電車が出発しました。 政府はまた、電気と暖房のインフラが粉々になった別の都市、ミコラーイウからの住民の避難を支援することを計画しています。

Vereshchuk 氏は、高齢者や身体の不自由な人を含む「脆弱なカテゴリーの市民」に、政府が提供する無料の交通機関と避難所を利用するよう促しました。

「都市の治安状況とインフラの問題を考えると、冬の間は国内のより安全な地域に避難することができます」と彼女は書いています。

地方当局は、ヘルソンに残っているのは約 80,000 人に過ぎないと見積もっていますが、戦前の約 250,000 人の人口をはるかに下回っていますが、一部の人々は都市に戻り始めています。 日曜日の夕暮れ時、一定の交通の流れがヘルソンに流れていた。

しかし、ヘルソンやその先では、冬は難しいかもしれません。

WHOのヨーロッパ地域担当ディレクターであるハンス・クルーゲは、今後数か月について深刻な懸念を表明しました。 「寒さは命取りになる」と彼は言った。 来るべき冬は「生き残ることだ」と彼は付け加えた。

現在、1,000 万人のウクライナ人が停電しており、同国のエネルギー インフラの半分が損傷または破壊されていると、クルーゲ氏は述べています。 ロシア軍は過去 2 か月間、ウクライナの重要なインフラストラクチャへの攻撃を強化しており、寒い月をできるだけ耐えられないようにする試みのように見え、電力と水の不足を引き起こしています。

クレジット…The New York Times の Lynsey Addario

クルーゲ氏によると、WHOは今年の冬、200万から300万人のウクライナ人が「暖かさと安全を求めて」家を離れると予想している。

国連難民機関によると、2 月以降、780 万人以上が難民としてウクライナを逃れました。 他の何百万人もの人々が家から逃げましたが、国にとどまりました。

月曜日、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は、住民にエネルギー消費を制限するよう訴えた。 「私たちのすべての人々と企業は非常に倹約し、一日の何時間にもわたって消費を広げる必要があります」と彼は国民に向けた夜の演説で語った

病院もエネルギー不足というさらなる脅威に直面していると、クルーゲ氏は述べた。 住民が信頼できる医療サービスにアクセスすることが困難になることで、この冬のコロナウイルスと季節性インフルエンザの蔓延に対するWHOの懸念が高まっています.

また、国の医療制度自体も依然として脅威にさらされています。 クルーゲ氏によると、内戦が始まって以来、医療施設に対する攻撃は 700 件を超えています。

3月、包囲された南部マリウポリ市の産科病院がロシアのストライキに襲われた。これは、ロシア政府が医療施設や民間人を標的にする意思を示した最初の兆候の1つだ。

11月初旬、ヘルソンから退却するロシア兵が病院や薬局、食料品店を略奪し、多くの住民が食料や医薬品を手に入れることができなかった。

「ウクライナの医療制度は、これまでの戦争で最も暗い時期に直面している」とクルーゲ氏は語った。 彼は、彼の組織が救急車や電源装置などの緊急修理とリソースを提供していると付け加えました。

ウクライナのデニス・シュミハル首相は、クルーゲ氏との会談後、月曜日の声明で、WHOの「強力な支援」に感謝していると述べた。



Source link