与党との関係をめぐる反発の後、日本は統一教会を調査する


[東京 11月22日 ロイター] – 7月の安倍晋三前首相の暗殺事件が与党との緊密な関係を明らかにし、世論の反発を引き起こした後、日本は火曜日に統一教会の法的地位を脅かす可能性がある調査を開始した。

1954年に韓国で設立され、主要な収入源として日本の信者に依存している統一教会にとって、調査は深刻な財政的打撃を与え、免税や財産保有にさえ影響を与える可能性があります.

岸田文夫首相の政権にとっても、利害関係は高く、支持率はわずか30%でぐらつき、統一教会へのリンクをめぐる騒動を鎮めようと熱望している.

日本で宗教を研究しているノースカロライナ州立大学のリーバイ・マクラフリン准教授は、「岸田にとって、これが彼にとって大きな足かせであることは明らかだ。彼は何があっても統一教会の問題に結び付けられるだろう」と語った。

政府は12月9日まで統一教会に、その財政と組織に関する最初の一連の質問に答えるように与えたと、ナガオカ恵子文化大臣は記者会見で語った。

証拠を集めた後、同省は統一教会の法的地位を取り消す裁判所命令を求めるかどうかを決定します。これには数か月かかる可能性があり、その後、長い法廷闘争が続く可能性があります。

統一教会は水曜日に政府からの質問の最初のバッチを受け取り、調査に協力する予定であると、日本のグループの広報担当者は述べた.

教会の韓国本部の高官は、「日本は信教の自由を保証する民主主義国家であるため、状況を注視している」と付け加えた。

高麗人参の飲み物や大理石の彫刻などを販売して信者から資金を集めるという教会の慣行を調査している消費者庁の委員会の弁護士である菅野詩織氏は、政府が終了した場合、訴訟は最高裁判所にまで及ぶと予想していると語った。合法的に教会を解体しようとしています。

「教会は、会員からの寄付などの免税措置を失うだろう」と彼女は言った. 「お金を借りるのが難しくなるだろう」

しかし、彼女は、宗教団体としての地位を失うことは、教会がその活動を継続したり、そのメンバーが会合したりすることを妨げるものではないと付け加えた.

非難

7月に安倍前首相を殺害した罪で山上哲也が逮捕されたとき、山上哲也は家族を困窮させたとして宗教団体を非難し、統一教会関連団体が主催するイベントに出席した安倍はそれを促進したと述べた。

合同結婚式で世界的に知られる統一教会は、10 年前にそのような慣行に関連する有罪判決を受けて、信者に経済的困難をもたらす寄付の勧誘を停止し、教会グッズの積極的な訪問販売を削減したと述べています。・日本のリーダーが辞任。

しかし、教会の活動にスポットライトが当たると、与党自民党の全議員の半数以上が教会と関係があることが明らかになり、岸田氏は国民の怒りに対処するよう圧力をかけられた.

8月10日に内閣改造が行われ、教会と関係のある一部の高官が追放されたにもかかわらず、騒ぎは続いている。 10月下旬、山極大四郎経済再生相が辞任し、自身も教会とのつながりを明らかにした。

岸田氏は、安倍首相の死後すぐに行われた 7 月の参議院選挙での勝利以来、初めて全国規模で有権者と対面する来年 4 月の一連の地方選挙の前に、この問題を後回しにすることに特に熱心だろう。

ティム・ケリー、金子香織、パク・ジュミンによるレポート。 Chang-Ran Kim、Kenneth Maxwell、Edmund Klamann による編集

当社の基準: Thomson Reuters Trust Principles。



Source link