中国安養市の工場火災で数十人が死亡 – 国営メディア中国

hobokenobserver.com


国営メディアが地元当局の情報として報じたところによると、中国中部の工場で火災が発生し、36 人が死亡、2 人が行方不明になっている。

火事は河南省中部の安養市の工場で月曜日の午後に発生した、と新華社通信は火曜日に報じたが、それ以上の詳細は明らかにしなかった。

国営メディアによると、救助隊は安養市の文豊区(ハイテクゾーン)にある開新達貿易有限公司で、午後4時22分に火災の報告を最初に受けた。 「警報を受け取った後、市の消防救助隊はすぐに部隊を現場に派遣した」と放送局 CCTV は報じた。

「公安、緊急対応、市政、電力供給部門が同時に現場に駆けつけ、緊急対応と救助活動を行った」と述べ、火災は午後11時頃に鎮火したと付け加えた。

CCTV によると、死者と行方不明者に加えて、命に別状のない負傷で 2 人が入院している。

当局は、火災に関連して「犯罪容疑者」が拘束されたと述べたが、それ以上の詳細は明らかにしなかった。

中国では、安全基準が脆弱であり、その実施を担当する役人が腐敗しているため、労働災害が頻繁に発生しています。

6月には上海の化学工場で爆発があり、1人が死亡、1人が負傷した。 郊外の金山地区にある Sinopec Shanghai Petrochemical Co 工場での火災は、3 つの火災が別々の場所で燃え上がり、広大な工業地帯に厚い煙の雲を送りました。

昨年、十堰市中心部でガス爆発により 25 人が死亡し、いくつかの建物ががれきになった。

2019 年 3 月、上海から 260 km (161 マイル) 離れた塩城の化学工場で爆発があり、78 人が死亡し、半径数 km の住宅が破壊されました。

その 4 年前、天津北部の化学倉庫で大規模な爆発があり、165 人が死亡しました。これは、中国で史上最悪の産業事故の 1 つです。

Agence France-Presseおよびロイターと共に



Source link