沿岸沖で7.0の地震が発生した後、ソロモン諸島に津波警報はありません


[シドニー 22日 ロイター] – ソロモン諸島の当局は、火曜日の午後に南西沖で発生したマグニチュード7.0の地震を含む2つの地震の後、津波警報は発令されないと述べた。

最初の地震は、マランゴ地域の南西約 16 km (10 マイル) の深さ 15 km (9 マイル) で発生した、と米国地質調査所は当初マグニチュードを 7.3 としていました。

マグニチュード 6.0 の 2 回目の地震が 30 分後に付近を襲った。

ソロモン諸島気象局は、同国に津波の脅威はないと述べたが、沿岸地域の異常な海流について警告した。

従業員はソーシャルメディアで、「余震が続くことが予想されるため、警戒を呼びかける」と述べた。

島全体で大規模な停電が報告されており、ソロモン諸島放送局はFacebookの声明で、すべてのラジオサービスが放送されていないと述べた.

国家災害管理局は、人々が地震を感じたとの報告を受けているが、被害の報告を待っていると述べた.

「ホニアラの人々は、地震の直後に高台に移動しましたが、現在は下に移動している人もいます」と当局者はロイター通信に電話で語った。

地震学フィジーは、地震が南東約 2,000 km の群島国に即時の津波の脅威をもたらさなかったと述べた。

シドニーの Kirsty Needham とバンガロールの Akanksha Kushi による報告。 Alasdair Pal と Lewis Jackson による執筆 Tom Hogue による編集

当社の基準: Thomson Reuters Trust Principles。



Source link