教皇、世界的なカトリック慈善団体の指導者を解任し、コミッショナーを任命


フィリップ・プラレラ

[バチカン市 28日 ロイター] – 教皇フランシスコは火曜日、従業員に対するいじめと屈辱の告発を受けて、ローマ カトリック教会の世界的な慈善団体の指導者全員を解雇し、それを運営するコミッショナーを任命した。

この驚きの動きには、バチカンを本拠とし、200 か国以上で活動する 162 のカトリック救援、開発、社会サービス組織の連合である Caritas Internationalis (CI) の幹部が関与していました。

世界中に 100 万人以上のスタッフとボランティアを擁する CI の幹部レベルの解任は、バチカンの報道機関が発表した教皇令で発表されました。

CIを監督するバチカンの開発部門からの別の声明によると、外部管理者と心理学の専門家による今年の職場環境のレビューにより、本社での不快感と悪い管理慣行が発見されました.

現在および元のスタッフはロイターに、言葉による虐待、えこひいき、および一般的な人事管理の不手際により、一部のスタッフが離職したと語った。 CI はローマにあるバチカン所有の建物を拠点としています。

開発局の声明によると、「金銭管理や性的不当な行為の証拠は得られなかったが、他の重要なテーマや緊急の注意が必要な分野が委員会の作業から明らかになった」とのことです。

「管理と手順に実際の欠陥が指摘され、チームの精神とスタッフの士気を著しく損なう」と述べた。

「財務問題は適切に処理され、資金調達の目標は定期的に達成された」が、管理基準と手順を改善する必要があると述べた.

CI の広報担当者は、すべての質問について声明を参照しました。

この法令の影響を受けた人々の中には、ルイス・アントニオ・タグレ枢機卿が名目上はカリタスの大統領でしたが、日常業務には関与していませんでした。 バチカンでの彼の主な仕事は、教会の宣教部門の責任者です。

大統領の地位は伝統的に枢機卿が務める。

フィリピン人で、将来のローマ法王になる可能性が高いと考えられているタグレ氏は、大統領職を辞任するが、コミッショナーが各国のカリタス事務所との関係を維持し、来年の新しい指導者の選挙に備えるのを助ける新しい役割にとどまる。

現在のカリタスの内部関係者 2 人と元スタッフ 1 人は全員匿名を条件にロイターに語ったが、この命令は退任する事務局長と取締役会による経営慣行を狙ったものだと述べた。

元スタッフは、いじめ、恐怖、「儀式的屈辱」の雰囲気のために、従業員が本社の仕事を辞めたと述べた。

Tagle と 1 人の司祭を除いて、CI 幹部の全員が信徒でした。

(この記事は、パラグラフ 14 で、出発はイタリア国外ではなく、ローマで行われたと修正されています)

(Philip Pullella による報告、Nick Macfie と Bill Berkrot による編集)



Source link