ウクライナへのパトリオット配備を求めるポーランドの圧力について、ドイツは同盟国と協議中


  • NATOは、特定の国までのパトリオット展開に関する決定を述べています
  • ポーランドはドイツのランチャーをウクライナ西部に派遣するよう要請した

[ベルリン/ワルシャワ 25日 ロイター] – ドイツは金曜日、ドイツのパトリオット防空部隊をウクライナに派遣するというポーランドの要請について同盟国と話し合っていると発表した。

ドイツ政府の広報担当者はベルリンで記者団に対し、「我々は同盟国と、ポーランドの…提案をどう処理するかについて話し合っている」と語った。

ベルリンは、先週ポーランドで漂遊ミサイルが墜落し、2 人が死亡した後、その空域を確保するためにワルシャワにパトリオット システムを提供しました。 ポーランドのマリウス・ブラシュチャク国防相はその後、代わりにウクライナに消防部隊を送るようドイツに要請した。

NATO 事務総長の Jens Stoltenberg は、そのような展開は、最終ユーザーに関する規則を考慮して、個々の国が決定すべきであると述べました。

「特定のシステムに関する特定の決定は国家の決定です」と彼はブリュッセルで記者団に語った。

「時にはエンドユーザーの合意などがあるので、彼らは他の同盟国と協議する必要があります。しかし、結局のところ、それ(決定)は各国政府によって行われなければなりません」と彼は付け加えた.

ストルテンベルグのコメントは、木曜日にドイツ国防相のクリスティーヌ・ランブレヒトが、ドイツのパトリオット部隊を NATO 領域外で共有するには、NATO および同盟国との事前の協議が必要であると述べた後に出された。

ペイトリオッツは、米国の会社レイセオン (RTX.N) によって製造されています。

金曜日、ポーランドの大統領は、パトリオット防空部隊がどこに駐留するかはドイツの決定であると述べ、国境近くのウクライナの領土にあれば、ポーランドの安全にとってより良いだろうと付け加えた。

アンジェイ・ドゥダ外相はリトアニアのカウナスで記者会見し、「軍事的な観点から言えば、彼らがウクライナにいてポーランドの領土を守ることが最善であり、そうすればウクライナとポーランドの両方を最も効果的に守ることができるだろう」と語った。 「しかし、決定はドイツ側に委ねられています。」

デュダは後に、ドイツがパトリオット部隊をウクライナに派遣し、NATO 部隊を運用させなくてもよいと語った。

「しかし、これに同意がない場合は、彼らがここ(ポーランド)にいて、私たちを守ってください」とDudaはTwitterに書いた.

ブラシュチャクは、ポーランド北東部での NATO 訓練の傍観者として、ドイツのパトリオットが進歩しすぎてウクライナに移送できないという考えに驚いたと述べて、ベルリンを攻撃した。

「これらは古い愛国者であり、ポーランド語版が最新のものです…古いドイツの愛国者が非常に進歩しているという主張は真実ではありません」と彼は言いました。

Sabine Siebold、Bart Meijer、Miranda Murray による報告。 ワルシャワの Alan Charlish、Pawel Florkiewicz、Anna Wlodarczak-Semczuk による追加レポート。 フランク・ジャック・ダニエル、フィリッパ・フレッチャー、ウィリアム・マクリーンによる編集

当社の基準: Thomson Reuters Trust Principles。



Source link