ニシキヘビが 5 歳児を噛んでプールに引きずり込む


パイソンを抱くベン・ブレイク

問題のニシキヘビを抱くベン・ブレイク

5歳のオーストラリアの男の子は、彼の約3倍の大きさのニシキヘビに噛まれ、くびれ、プールに引きずり込まれました.

Beau Blake さんが家で泳いでいると、体長 3 m (10 フィート) の爬虫類が襲ってきた、と彼の父親は地元のラジオ局に語った。

ペアはまだもつれていましたが、ボーの祖父によってプールから引き上げられ、少年は父親のベンによって動物から解放されました.

しかし、ボーは元気で、軽傷を負っただけで逃げました。

「血をきれいにして、毒ヘビではないので死ぬつもりはないと彼に言ったら…彼は実際にはかなり元気でした」と父親のベンは金曜日にメルボルンのラジオ局3AWに語った。一日前に起こりました。

「彼は絶対的な兵士です」とベンは付け加え、ニューサウスウェールズ州の沿岸の町バイロンベイに拠点を置く家族は、感染の兆候がないか咬傷を監視すると述べた.

幸運にも脱出できたものの、劇的な物語は依然としてかなりの「試練」だった、と彼は語った。

“[Beau] ちょうど端を歩いていた [of the pool]…そして、パイソンはそこに座って犠牲者が来るのを待っていたと思います…そしてボーはそれでした。」

「大きな黒い影が茂みから出てきて、底に落ちる前に彼の足に完全に巻きついたのを見ました。」

「何の自己保存もなしに」ボーの76歳の祖父アランはプールに飛び込み、少年とヘビをベンに渡しました。

「私はちっぽけな若者ではありません… [so] 15~20秒以内に解放してもらいました」とベンは言いました。

ベンはその後、ヘビを植物に戻す前に、子供たちと父親を落ち着かせようと必死に約10分間ニシキヘビにつかまりました。

「彼は犯行現場に戻った、いやらしいことだ」

ベンはラジオ局に対し、シドニーから北へ約8時間のこの地域ではニシキヘビが日常生活にあると語り、「ほら…ここはオーストラリアだ」と語った。



Source link