ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は、ロシアのミサイルがキエフやその他の主要都市でエネルギーと民間インフラを爆破した後、世界からの「強い反応」を期待していると述べた。 彼はまた、水曜日遅くに開催された国連安保理会議で世界の大国に、「あらゆる形態のエネルギーテロ」を非難する決議を通過させるべきだと語った。 (ロシアは理事会に拒否権を持っています。)