英国、政府サイトでの中国製監視システムの使用を制限


英国の内閣府は、セキュリティ上のリスクを理由に、中国製の監視システムを「機密性の高いサイト」に設置するのをやめるよう中央政府の各省庁に通告しました。

木曜日に禁止を発表した内閣府のオリバー・ダウデン大臣は、「中華人民共和国の国家情報法の対象となる企業によって製造された」視覚監視機器が対象になると述べた.

彼は、セキュリティレビューで「英国に対する脅威と、これらのシステムの能力と接続性の向上に照らして、追加の制御が必要である」ことが判明した後に決定が下されたと述べた.

この動きは、リシ・スナク首相が、中国が英国に「体系的な挑戦」をもたらしていると述べ、「英国の経済安全保障にとって間違いなく最大の国家ベースの脅威」であると述べたわずか1週間後に行われた。

また、保健社会福祉省 (DHSC) が、世界最大の監視カメラ プロバイダーである Hikvision からのカメラの購入を停止することを決定してから数か月後です。 禁止が 4 月に発効する前に、DHSC の大臣は議会で、82 の Hikvision 製品を使用していたと語った。

2017 年に制定された中国の国家情報法は、国家の情報活動を「支援、支援、協力する」ことを市民や組織に義務付けています。 中国国外に保管されているデータを明示的にカバーしておらず、これまでのところ外国人が関与した事件は明らかにされていませんが、法律は特定の事件について議論することも禁じています.

イェール大学法科大学院の上級研究員であるサム・サックス氏は、この決定は、「企業とセキュリティサービスとの間の意味のあるバックストップ」がないため、「中国企業が北京にデータを処理することに対する世界中の政府からの懸念の高まり」を反映していると述べた。

「実際には、中国企業はデータへのアクセスに関して政府やセキュリティ サービスに反発していますが、企業は自国の政府に抵抗していると見られることを望んでいないため、公には聞いていません」と彼女は付け加えました。

Hikvision は、同社を国家安全保障への脅威と表現することは「まったくの誤り」であると述べた。 「Hikvision は、エンドユーザーから第三者にデータを送信することはできず、エンドユーザーのデータベースを管理したり、英国でクラウド ストレージを販売したりすることはできません」と、同社は述べています。 「我々は、この決定を理解するために閣僚と緊急にさらに関与するよう努めます。」

中国のビデオ監視プロバイダーは世界市場をリードしていますが、近年、さまざまな国の当局者が、セキュリティ上の懸念から人権侵害の疑いまで、さまざまな理由でそれらに制限を課しています.

2019 年、米国はビデオカメラ メーカーの Hikvision や Dahua など、複数の中国の人工知能監視企業を貿易ブラックリストに載せました。

ワシントンは当時、これらのグループが、中国の新疆ウイグル自治区のウイグル人やその他のイスラム教徒の少数派に対する「弾圧、大規模な恣意的な拘留、ハイテク監視」を支援していると述べた.

これに対し、中国外務省は、米国が「中国の内政に干渉する言い訳を作るために、新疆ウイグル自治区を巡って中国を激しく中傷し、中傷している」と述べた。

欧州議会は昨年、新疆ウイグル自治区での人権侵害で北京を支援したとされる同社の役割に議員が反対した後、訪問者の発熱を監視するために使用していたHikvision赤外線カメラを撤去した.

Hikvision は、いったん設置されたデバイスの使用を監視しないと述べた。 同社は独自の報告書を委託し、新疆ウイグル自治区での5つの治安プロジェクトに「故意に人権侵害に関与する意図を持って」関与していないと結論付けた.

今年、英国議会の 67 人の議員の幅広い連合が、新疆への企業の関与を引き合いに出し、倫理的な理由から、Dahua と Hikvision の機器の英国でのすべての販売を禁止するよう求めました。

下院の外交問題選択委員会のトーリー党議長であるアリシア・カーンズは、ダウデンの禁止を支持したが、新疆関連企業からのすべての公共団体と地方当局の調達をカバーするように拡大するよう求めた。

ダウデン氏は、中国の機器を「コアネットワーク」に接続すべきではないと部門に語った。 彼はまた、既存の機器を撤去し、「機密」として指定されていないサイトを含むように禁止を拡大することを検討するよう部門に求めました.

カーンズ氏はまた、政府に対し、機器を購入するための代替方法を省庁に提供するよう求めました。 「いかなる禁止も、中国政府が支援する技術に代わるものを提供する新しい国家調達の枠組みによって支えられるべきです」と彼女は言いました。

北京外務省は、「中国は国家安全保障の概念を拡大し、中国企業を不当に抑圧する一部の人々に断固として反対し、引き続き状況を注意深く監視する」と述べた。

DHSC と Dahua は、コメントのリクエストにすぐには応答しませんでした。 内閣府は、ダウデンの声明に追加するものは何もないと述べた。

ロンドンの Jasmine Cameron-Chileshe と北京の Maiqi Ding による追加レポート



Source link