闘牛の最後の砦であるフランスで闘牛禁止が撤回される


カマルグ式の戦いの競技者は、地元の牛の頭を飾るリボンを引き抜こうとします。  (ワシントン・ポストのクレメンス・ロスフェルド)
カマルグ式の戦いの競技者は、地元の牛の頭を飾るリボンを引き抜こうとします。 (ワシントン・ポストのクレメンス・ロスフェルド)

コメント

フランス、ヴォーベール — 松林にある仮設の競技場に数百人の観客が到着すると、金属製の囲いにぶつかる角笛の音が聞こえました。

大人がワインのボトルを楽しんでいる間、子供たちは血のように赤い目をしたプラスチック製の雄牛に乗って、膨脹可能な円形劇場を跳ね回っていました。 まもなく、シャルル・パスキエは本物の雄牛と対決することになります。 しかし、この 26 歳の闘牛士は、試合前はリラックスしているように見えた。

10 年前であれば、このようなイベントは彼と同年代の多くの人々を惹きつけるものではなかったでしょう. しかし今、「非常に多くの若者が戻ってきています」と彼は驚いた。 「リニューアルの波が来ています。」

この種のスペクタクルはスペインやラテンアメリカでは後退しており、世論調査によるとフランスでは77%もの国民が闘牛の廃止を望んでいるが、フランス南部ではこのスポーツの人気が急上昇している. 木曜日に、フランス国民議会は提案された禁止について初めて投票することが期待されていました。 しかし、禁止に反対する人々は一連の修正案で投票を妨害し、禁止を提案した極左の議員は法案を撤回した。

撤回は今後数か月の投票を除外するものではありませんが、一部の動物愛護団体でさえ、地方の有権者からの反発を恐れているため、禁止の可能性は低いと認めています.

エマニュエル・マクロン大統領率いる党員が支持する議会法委員会は先週、禁止に反対する勧告を出した。 「私たちが非合法化する次の地域の伝統は何になるでしょうか?」 国会議員のマリー・レベックは、最初の討論中に尋ねました。

水曜日、マクロン大統領は市長の聴衆に、すぐに禁止することはないと示唆した. 「私たちは和解、交換に向けて動かなければなりません」と彼は言いました。 「私の立場からすると、それは現時点での優先事項ではありません。 この主題は、敬意と配慮をもって進めなければなりません。」

フランスの動物福祉法を改正すべきかどうかが議論の的となった 闘牛と闘鶏が「途切れることのない地元の伝統」である場所での闘牛と闘鶏の免除を取り除くこと。

批評家は、闘牛がフランス固有のものであるという考えに疑問を投げかけています。 フランスでは 1289 年に牛追いの記録がありますが、血まみれのスペイン風のコリーダは、ナポレオン 3 世のスペイン生まれの妻のために 19 世紀に持ち込まれたと批評家は指摘しています。

しばらくの間、コンテストはフランス全土で盛んになりました。 パリのブローニュの森公園や他の都市に主要な闘牛場が建てられました。 しかし、闘牛文化国立天文台によると、闘牛が今日も続いており、毎年約 200 万人の観客を引き付けているのは、スペインとの国境に近く、地中海沿いの南フランスだけです。

動物愛護活動家は、この慣習は現代のどこにもないと言います。 彼らによると、雄牛は首や肩を繰り返し刺され、ゆっくりと痛みを伴いながら死んでいきます。 フランスのコンテストでは、毎年 800 頭から 1,000 頭の雄牛が殺されています。

ナタリー・バレンティンが闘牛に参加したとき、彼女は非常にショックを受けてアリーナから逃げ出した. 「刺すたびに、雄牛は育ちました。 56 歳のバレンティンは言いました。

しかし、フランスの事実上の闘牛の首都であるニームの故郷であるニームでの慣行に反対して声を上げようとする彼女は少数派です. 先週末、活動家たちが全国で反闘牛デモを組織したとき、地元の闘牛が行われる市内のローマ円形劇場の外に現れたのは50人未満でした. 活動家たちは、死んだ雄牛のポスターを掲げて、歩行者の注意を引くのに苦労しました。 彼らのスピーチは、意図的にエンジンを回転させたモーターサイクリストによって時々かき消されました。

その日の早い時間に、数ブロック離れた場所で行われた闘牛支持のデモには、約 8 倍の人数が集まっていました。 多くの町では、賛成の集会が組織されたり、市長が参加したりしており、幅広い国民の支持を示唆している.

モン・ド・マルサンのシャルル・ダヨー市長は、フランス通信社に対し、「非常に道徳的な口調で投票を押し進めた極左議員が、パリから私たちに、何が良いか悪いかを説明したい」と不満を漏らした。南。”

2018 年と 2019 年にフランスの政治を揺るがした「黄色いベスト」の抗議行動の背後には、パリ対周辺についての同様の感情がありました。

「もし国民投票が行われるなら、闘牛禁止の賛成票が勝つ可能性が高い」と、闘牛に賛成の人類学者フレデリック・サウマドは認めた。 しかし彼にとって、フランス政府は、たとえ一般大衆がそれらを支持しなくても、地域の権利と伝統を守る義務がある.

先週末、ヴォーベールの祭りの参加者は、闘牛は自分たちのアイデンティティの一部であり、簡単に奪われることはないと主張していました.

「それが私たちのやり方です。 闘牛は「ここでの社会化の第一歩」の一部だと彼女は付け加えた。

フランスの闘牛青年連合の共同会長であるベンジャミン・キュイエは、「人々を結びつけます」と語った。

闘牛禁止令の失敗により、南フランスはスポーツの最後の砦の 1 つとしての地位を固めました。 闘牛の伝統をフランスに輸出した国であるスペインでは、近年、闘牛の数がほぼ半減し、カタルーニャ地方では慣習が放棄されています。 ラテンアメリカでは、今年の裁判所の判決とスポンサーの撤退の組み合わせにより、特にボゴタとメキシコシティの闘牛場が閉鎖を余儀なくされました.

フランスの闘牛は反対の方向に進んでいるようです. ニームでは、映画館やナイトクラブがパンデミック前と比べて最大 3 分の 1 空いているにもかかわらず、今年は 2019 年に比べてコンテストに向かう観客の数が増加しました。

闘牛士のアレクシス・シャブリオルさん(21)は、闘牛に反対する家庭で育ったと語った。 しかし、彼は自分の意見を形成するために参加することにしました。 「私はそれが本当に美しいと思いました」と、すべての血にもかかわらず、彼は言いました.

スペイン式コリーダは最も広く知られている形式です。闘牛士が色付きのマントを使用して雄牛の注意を引き、通常は殺すことを目的としており、その大胆さで観客を感動させます。

しかし、闘牛大会は血で終わる必要はありません。 実際、先週末、Vauvert アリーナでは血はまったく出ませんでした。

コリーダの戦いに参加する雄牛は高価であるため、主催者は数百人ではなく数千人の聴衆のために本物のスペクタクルを予約する傾向があります. 代わりに、パスキエは「ティエンタ」として知られるスペインの模擬闘牛に出演しました。これは、大きな戦いのために雄牛を訓練して選択するためにも使用されます. 彼らがリングを離れたとき、彼も雄牛も怪我をしていませんでした。

その後、それが実践されている地域にちなんで名付けられたカマルグコンテストが始まりました. 参加者の幹部は、雄牛ではなく地元の牛の角に取り付けられたリボンを引き抜くことを競いました. 彼女はうめき声を上げながら草や泥を蹴り上げ、男たちを追いかけた。 牛が闘技場の金属バリアに激突するほんの数秒前に、彼らは途中で飛び出してしまうこともありました。

カマルグの戦いは、提案された法律の下では禁止されていなかったでしょう. それらは、動物よりも人間の参加者にとってより危険になる傾向があります。 Vauvert フェスティバルの終わりまでに、何人かの男性が足を引きずりましたが、重傷を負った人はいないようでした。 オンサイトの救急車は必要ありませんでした。

世論調査によると、闘牛が行われるフランスの町では、住民の 60% 以上が牛を殺すことに反対している可能性があります。 しかし、南フランスの闘牛支持者は、妥協の余地はないと言う. 彼らはあらゆる形で伝統を守りたいと思っています。

「死は人生の一部です」と、闘牛やその他の伝統を擁護する若者組織を率いるフェスティバル主催者のトーマス・パニョンは言いました。

ライオネル ロペスは 6 歳と 11 歳の息子たちと一緒にヴォーベール フェスティバルにやって来ました。

少年たちにとって、これは彼らが見た最初のものでも、最も激しい戦いでもありませんでした。 ロペス氏は当初、息子たちを最も過激な闘牛から守ることで、息子たちをゆっくりと慣れさせることを計画していたと語った. しかし、模擬コンテストに参加した後、彼の末っ子は「本物の闘牛」を見たいと言いました。

ロペス氏によると、幼い頃にこの伝統に触れてきた彼の 6 歳の息子は、今では「光景の美しさを見ています」。



Source link