11 月 25 日金曜日に知っておくべき 7 つのこと


1

ロシアのストライキは、ウクライナの水と電力をノックアウトしました。

  • 詳細: 今日の時点で、ウクライナの首都キエフの約 3 分の 2 には暖房がなく、約 50% の家庭に電気がありません。 15 の地域で水供給の問題が発生しています。
  • 重要な理由: 国内の一部では気温が氷点下まで下がっており、何百万人もの人々が暖かさと安全を求めて家を離れることが予想されています。

2

警察は、バージニア ウォルマートの射手が残したメモを公開しました。

  • どうしたの? 警察によると、チェサピークで攻撃した店の 31 歳のスーパーバイザーであるガンマンが、火曜日に 6 人を射殺した後、自殺した。
  • 最新の: 銃撃者の携帯電話に残されたメモは、これから起こることをほのめかしていた。 当局者によると、彼は攻撃の朝に使用した銃を購入したという。

3

中国は、パンデミックの最大のコロナウイルス発生の1つと戦っています。

  • 私たちが知っていること: 昨日、記録的な31,656件の感染が報告されました。 北京や広州などの主要都市は、一部の地域の住民に自宅待機を命じている。
  • なぜこうなった? 中国の厳格な「新型コロナウイルスゼロ」戦略は、14 億人のほとんどの人がウイルスにさらされたことがないことを意味し、自然免疫を持たないままにしている。

4

イーロン・マスクは、禁止されたすべてのTwitterアカウントを復活させる予定だと語った。

  • いつ? プラットフォームの新しい所有者によると、反転は来週から始まるという。 ユーザーは、暴力的な脅迫、嫌がらせ、虐待、誤報などで禁止されています。
  • 重要な理由: ある専門家は、これは「実存的に危険」であり、「誰でも自由に使える地獄」をもたらす助けになるだろうと述べています。 しかし、マスクが現在これを実行する実際的な能力を持っているかどうかは明らかではありません.

5

ブラック フライデーですが、今日は以前とは様子が異なります。

米国の男子サッカー チームは今日、ワールド カップでイングランドと対戦します。

イギリスのパラリンピアンが障害を持つ初の宇宙飛行士となる。



Source link