プーチン大統領、ウクライナで戦死した兵士の母親に「私たちはあなたの痛みを分かち合います」


  • プーチン大統領、兵士の母親と面会、遺族も
  • プーチン「私個人、そして指導部全体があなたの痛みを分かち合います」
  • ロシアは戦場での損失を完全には明らかにしていない
  • 一部の母親は、クレムリンはより批判的な親戚のグループを無視していると言う

[ロンドン 25日 ロイター] – ウラジーミル・プーチン大統領は25日、ウクライナでの戦闘に派遣されたロシア兵の母親たちの厳選されたグループに向けて、プーチン大統領の指導力を称賛し、息子たちが無駄に死んだわけではないと語った。

米国によると、ロシアとウクライナの兵士数万人が、ロシアのウクライナ侵攻によって引き起こされた紛争で死亡または負傷した。

9月に発表された動員の一環として召集された30万人以上のロシア人を含め、何十万人ものロシア人がウクライナで戦うために派遣された.

さらに数十万人が徴兵を逃れるためにロシアを逃れ、兵士の装備や訓練の欠如、または動員の混乱した性質に対する不満がソーシャルメディアで見られる. 反戦運動と徴兵運動は武力で鎮圧された。

プーチン大統領は、日曜日のロシアの母の日を記念して、モスクワ郊外のノヴォ・オガリョヴォ邸で17人の女性と会い、お茶、ケーキ、ベリーを積んだテーブルの周りに座って、2時間以上彼らの話を聞いていた.

プーチン大統領は、彼らの不安と懸念、そして息子を失った人々の痛みを理解していると語った。

「私個人、そして国の指導者全体があなたの痛みを共有していることを知っておいてほしい」と彼は言った。

「息子を亡くしたことに取って代わるものは何もないことを私たちは理解しています。特に母親にとっては」

プーチン大統領は、ロシアがウクライナで行った「特別軍事作戦」について、後悔はしていないと述べ、1991年にソ連が崩壊して以来、数十年にわたる屈辱の末、ロシアが西側の覇権に立ち向かった瞬間だと説明している。

ウクライナと西側諸国は、プーチン大統領が征服戦争であると主張するのは正当化できないと主張している。

「彼は人生を無駄にしませんでした」

プーチン大統領は、女性の息子たちが「ノヴォロシア」、文字通り「新しいロシア」を擁護したことを称賛した.これは、ロシアが現在主張しているウクライナ南部と東部の大部分を表現するために現代のロシア民族主義者が使用するツァーリスト帝国からの負荷の高い用語である.

大統領は、時々前線で兵士を呼び、彼らの言葉が彼らを彼の目に英雄にしたと語った。

ロシア全土とさまざまな民族グループの母親たちは、彼のリーダーシップに感謝し、彼の健康を祈った後、高貴な目的のために勇敢に戦ったり亡くなったりした息子たちについて話しました。

マリア・コスチュクは、第二次世界大戦中のように、戦死した兵士の家に星を付けてドアに掛けるべきだと提案する前に、「特別軍事作戦が私たちを結びつけました」と語った.

ほとんどが苦情をもたらしましたが、それらは兵士のための良い服の不足、前線でのより多くのドローンの必要性、または一部の役人の無関心などの低レベルの問題に関するものでした.

息子を亡くしたウクライナのドネツク州出身のニーナ・プシェニチキナさんは、彼の喪失が彼女に、現在モスクワに一方的に併合されているこの地域をロシアの一部にするためにさらに懸命に働くように促したと語った。

「あなたの息子は生きていて、彼の目標は達成されました」とプーチンは彼女に言った。 「そしてそれは、彼が人生を無駄にしなかったことを意味します。」

戦争で亡くなった兵士の他の親族は、クレムリンは彼らの懇願を無視し、プーチン大統領が主催する会合は慎重に行われるだろうと語った.

「母親は、事前に合意された『正しい』質問をするでしょう」と、母親と妻の評議会の責任者であるオルガ・ツカノバは、事前にテレグラムのメッセージで述べた.

「ウラジミール・ウラジミロヴィッチ(プーチン)-あなたは男性ですか、それとも誰ですか? 事前に合意した女性やポケットにいる母親ではなく、私たちと直接、顔を合わせて会う勇気がありますか?あなたに会うためにここのさまざまな都市から来ました? 私たちはあなたの答えを待っています.

ロシアが最後に公に損失を公表したのは9月21日で、5,937人の兵士が死亡したと述べた。 その数は、ほとんどの国際的な見積もりをはるかに下回っています。

米国の最高司令官は、11 月 9 日に、両側で 100,000 人以上の兵士が死亡または負傷したと推定しました。 ウクライナはその損失を開示していません。

Guy Faulconbridge と Kevin Liffey によるレポート。 フィリッパ・フレッチャー編集

当社の基準: Thomson Reuters Trust Principles。



Source link