中国が宇宙ステーションに乗組員を送り込む


コメント

中国は火曜日、最近完成した宇宙ステーションに 3 人の宇宙飛行士を打ち上げました。

中国北西部の酒泉衛星発射センターからの打ち上げは、東部時間午前 10 時 8 分に開始されました。 長征 2 階ロケットには、飛君龍、鄧慶明、張魯が搭乗していた。

打ち上げは、中国のミッション コントロール センターの職員によって「完全な成功」と見なされました。神舟 15 ミッション宇​​宙船がソーラー アレイを展開し、宇宙ステーションに向かって自由に飛行した後、フライト エンジニアが拍手喝采を浴びました。 火曜日の後半に駅とドッキングする予定です。

中国は打ち上げをその技術力のもう一つの兆候として宣伝し、ミッションのライブストリームを英語でナレーションし、カプセル内の3人のタイコノートの眺めを提供し、ニューヨークタイムズと日本の共同通信に打ち上げセンターへの特別なアクセスを提供した.ニュース。

中国は最近、地球低軌道に位置する天宮宇宙ステーションの建設を完了しました。 乗組員はそこで 6 か月を過ごし、別の 3 名の乗組員と数日間重複しました。 中国は過去数年間、宇宙ステーションを組み立てており、宇宙飛行士に宇宙での足場と科学実験を行うためのプラットフォームを提供しています。

中国の宇宙ステーションは、米国とロシアが共同で運用している国際宇宙ステーションが老朽化している時期に開発されていますが、NASA は 2030 年まで使用し続けることを望んでいます。中国は ISS のパートナーではなく、NASA は禁止されています。議会の特定の許可なしに宇宙活動で中国と提携することは法律で禁止されています。 NASA は、ISS が廃止された後、ISS を置き換えるためのステーションを民間部門に建設することを検討していますが、それらが間に合うように準備できるかどうかは明らかではありません。

近年、中国は独自に大きな進歩を遂げており、2019 年には月の裏側に宇宙船を着陸させ、昨年は火星にローバーを着陸させました。

中国はまた、アルテミス計画として知られるNASAの月面キャンペーンに匹敵する取り組みである月に人々を送る計画を持っています。 米国では、宇宙や月や他の天体の表面での行動を管理するアルテミス協定として知られる規則の更新を目指している。 中国と米国の両方が月の南極を探査することに関心を持っています。月の南極では、永久に陰になっているクレーターに氷の形で水が存在します。

アポロ計画から数十年、NASA の深宇宙有人探査の進歩は順調に進んでおり、月から火星、そして小惑星、そして再び月へと、NASA にさまざまな目標を与えるさまざまな大統領政権から始まりました。 一方、中国は目標に向かってゆっくりと着実に前進している。

中国の有人宇宙計画の主任設計者である周建平氏は、タイムズ紙のインタビューで、有人着陸には「それほど時間はかからない」と語った。 「有人月面着陸の目標を達成することができます。」

中国と米国の間の緊張が高まっています。 最近、NASA のビル・ネルソン長官は、別のロケット ステージが制御不能に地球に落下した後、中国を非難しました。 「すべての宇宙活動国が宇宙活動において責任を負い、透明性を確保し、確立されたベスト プラクティスに従うことが重要です。特に、大きなロケット本体のデブリが制御されずに再突入する場合には、大きな損害や人命の損失につながる可能性が非常に高いデブリです。」彼は声明で述べた。

ネルソン氏は、中国は宇宙に大きな野心を持ち、アメリカのリーダーシップに挑戦している「非常に積極的な競争相手」であると述べています。 「中国人に気をつけろ」と彼は昨年警告した。

彼のレトリックは、迅速なタイムラインで宇宙飛行士を月面に戻すよう NASA に促したマイク・ペンス前副大統領のレトリックと一致しています。 彼は、中国が「月の戦略的高地を掌握し、世界の宇宙国家になろうとしている」と警告した。

NASA は最近、その Artemis プログラムで大きな進歩を遂げました。 今月初め、宇宙機関はフロリダのケネディ宇宙センターから大規模なスペース ローンチ システムを打ち上げ、オリオン宇宙船を月周回軌道に打ち上げました。 宇宙飛行士が搭乗していないこのミッションは、宇宙飛行士を月周回軌道に乗せ、最終的に月面に到達させるための試験飛行です。

これまでのところ、NASA によると、飛行は順調に進んでいます。 ミッションは「並外れた成功を収め、一連の歴史を作るイベントを完了した」とネルソンは月曜日に記者団に語った.



Source link