ウクライナ大使館に対する「テロキャンペーン」は、さらに血まみれのパッケージで継続 | ウクライナ

hobokenobserver.com


12カ国の18のウクライナ外交使節団は、ウクライナが「恐怖と脅迫のキャンペーン」と表現した血まみれの小包を受け取った。 ウクライナ外務省のスポークスパーソンである Oleh Nikolenko は、小包はヨーロッパの 1 つの国から同時に送られたものであると述べたが、調査が進行中であるため明らかにすることはできなかった.

金曜日の時点で、ウクライナは 17 の大使館が標的にされたと述べており、別の大使館が土曜日に配達されたことを示しています。

マドリッドのウクライナ大使館の従業員は水曜日、スペインのウクライナ大使に宛てられた手紙爆弾によって負傷した。

水曜日には、ウクライナに寄付されたロケットを製造したスペインの武器メーカー、スペインのペドロ・サンチェス首相、マドリードの米国大使館など、スペインの住所にさらに4つの手紙爆弾が送られました。

金曜日の CNN とのインタビューで、ウクライナのドミトロ・クレバ外務大臣は、マドリッドの攻撃に続いて起こったことを「より奇妙」で「病的でさえある」と述べた。

水曜日以降、ウクライナのさまざまな外交使節団に小包が到着し始めた、と彼は言った.

「ある場合には牛の目である可能性が最も高く、別の場合には豚の目である可能性が高い」とクレバ氏は語った.

小包の背後に誰がいると思うかと尋ねられたクレバは、ウクライナの外交官の間で恐怖の種を蒔くことから恩恵を受けているため、「ロシアに名前を付けたくなる気がする」と述べた。 しかし、彼はロシアに同情する人である可能性もあると付け加え、進行中の調査の結果を待ちたいと述べた.

マドリッドのロシア大使館は木曜日、外交ミッションへのテロ攻撃は「完全に非難される」とツイートした。

金曜日の午後、ウクライナ外務省は、小包がハンガリー、オランダ、ポーランド、クロアチア、イタリアのウクライナ大使館、ナポリとクラクフの総領事館、チェコ共和国のブルノの領事館に配達されたと述べた。

その後、マドリッド大使館にも同様の小包が配達され、調査員が現場にいたと発表しました。 ニコレンコはスペインの警察官が犬と一緒にパトロールしているマドリード大使館の庭の写真を投稿した.

小包に加えて、ウクライナのバチカン駐在大使の住居は、ウクライナが動物の糞である可能性があると疑うもので汚されていた. ウクライナのバチカン大使であるアンドリー・ユラシュ氏は、「アパートのドアと階段と玄関の壁は、不快な臭いのある汚れた物質で汚れていた.

「この恐ろしいメッセージの理由と理由を完全に説明するのは難しいが、これは組織的な傾向であり、ヨーロッパ中のウクライナのミッションに対する組織的な攻撃であることは間違いない」と彼は言った。

カザフスタンのウクライナ大使館に関するデマ爆弾の脅迫を受けました。 ウクライナは、大使館にセキュリティを強化するよう呼びかけ、ホスト国に支援を求めました。



Source link