ウクライナ戦争は武器産業にとって良いニュースばかりではない – DW – 12/05/2022


ストックホルム国際平和研究所 (SIPRI) の新しいレポートによると、世界の上位 100 の武器生産国は 2021 年も引き続き売り上げを伸ばしましたが、サプライ チェーンの問題によりこの部門の成長は鈍化しています。

月曜日に発表されたレポートによると、COVID-19 のパンデミックによって引き起こされた不足が、2021 年の成長率を 2020 年に比べて 1.9% に抑える役割を果たしました。 SIPRI は、ウクライナでの戦争が、短中期的に業界に同様の問題を引き起こす可能性があると予測しました。

報告書がウクライナについて予測したこと

ロシアの侵略とウクライナ、そして西側諸国の反応の両方が武器の需要を押し上げている一方で、生産者は原材料や部品の調達において課題に直面している.

紛争、軍備、軍備管理、軍縮の研究に焦点を当てた国際機関である SIPRI は、ロシアが武器生産に使用される原材料の主要な供給者であると指摘した。

「これは、数十億ドル相当の弾薬やその他の装備をウクライナに送った後、米国とヨーロッパで進行中の軍隊を強化し、備蓄を補充する努力を妨げる可能性がある」と報告書は述べた.

ロシア企業は戦争のために生産を増やしているが、SIPRI の報告書は、彼らが半導体へのアクセスに苦労していると指摘している。 企業は、たとえば支払いの受け取りに関して、戦争関連の制裁の影響も受けています。

SIPRIの上級研究員であるディエゴ・ロペス・ダ・シルバ氏は、「生産量の増加には時間がかかります。 「サプライチェーンの混乱が続けば、一部の主力兵器メーカーがウクライナ戦争によって生み出された新たな需要を満たすには数年かかる可能性がある」

世界の武器取引で得をするのは誰?

このビデオを表示するには、JavaScript を有効にして、HTML5 ビデオをサポートする Web ブラウザにアップグレードすることを検討してください

2021年に何が起こったのか

レポートの主な焦点は、パンデミックに関連するサプライチェーンの問題が成長を遅らせるように見えた2021年の業界パターンにありました。

「持続的なサプライチェーンの問題がなければ、2021年に武器販売がさらに大きく成長すると予想できたかもしれません」と、SIPRI軍事支出および武器生産プログラムのディレクターであるLucie Beraud-Sudreauは述べています。 「大小の武器会社の両方が、その年の間に売上が影響を受けたと述べました。エアバスやゼネラル・ダイナミクスなどの一部の企業も、労働力不足を報告しました。」

北米

米国の企業は、上位 100 の武器サプライヤーのリストを独占しており、そのうちの 40 社がそこに拠点を置いています。 彼らはまた、売上高の半分以上、全世界の合計 5,920 億ドルのうち 2,990 億ドル (2,840 億ユーロ) を占めました。 2018 年以降、上位 100 社の上位 5 社が米国に拠点を置いています。

北米は、2020年と比較して武器販売が減少した唯一の地域でした.0.8%の実質ベースの減少は、2021年の米国経済の高インフレが一因でした.

ヨーロッパ

2021 年には、上位 100 社の武器サプライヤーのうち 27 社がヨーロッパに本社を置いていました。 この地域では、2020 年と比較して 4.2% 増加し、総額 1,230 億ドルに上る複合武器の売上高が見られました。

造船業者にとっては利益の多い年でしたが、この地域の航空機メーカーはそれほどうまくいきませんでした。

SIPRIの研究者であるLorenzo Scarazzato氏は、「軍事航空宇宙を専門とするヨーロッパの企業のほとんどは、2021年の損失を報告しており、サプライチェーンの混乱が原因であると述べています。 「対照的に、ヨーロッパの造船所はパンデミックの影響をあまり受けていないようで、2021 年には売り上げを伸ばすことができました。」

Rheinmetall (31 位) は 45 億ドルの武器販売で、ドイツ最大の武器会社であり続けました。 しかし、パンデミックとサプライチェーンの混乱により、2021年の武器販売は1.7%減少しました。

米国が新型ステルス爆撃機を発表

このビデオを表示するには、JavaScript を有効にして、HTML5 ビデオをサポートする Web ブラウザにアップグレードすることを検討してください

アジア

上位 100 社に含まれるアジアとオセアニアの 21 社の武器売上高は 2021 年に 1,360 億ドルに達し、2020 年に比べて 5.8% 増加しました。リストに含まれる中国の 8 社の武器会社の合計武器売上高は 1,090 億ドルで、6.3% 増加しました。

その中には、中国の CSSC が含まれます。CSSC は現在、世界最大の軍事造船会社であり、既存の 2 つの企業が合併した後、111 億ドルの武器を販売しています。

上位 100 社の韓国企業 4 社の複合武器売上高は、2020 年と比較して 3.6% 増加し、72 億ドルに達しました。 これには、クロスセクターのコングロマリットである Hanwha の売上高が 7.6% 増加したことも含まれており、ロシアのウクライナ侵攻に続くポーランドとの主要な武器取引の後、さらなる成長が見込まれています。

ミサイルと軍用電子機器を専門とする台湾企業 NCSIST がリストに登場したのは初めての年であり、武器の売り上げは 20 億ドルに上ります。

ロシアと中東

2021 年のトップ 100 には 6 つのロシア企業が含まれており、売上高は 2020 年に比べて 0.4% 増加して 178 億ドルに達しました。 .

中東に拠点を置く 5 つの企業は、2021 年に 150 億ドルの武器販売を生み出しました。これは、2020 年と比較して 6.5% の増加であり、上位 100 に含まれるすべての地域の中で最速の成長ペースです。

編集:ショーン・シニコ



Source link