OPECプラスが減産目標を維持した後、原油価格は上昇し、中国はCOVID抑制を緩和


  • ブレントは 0430 GMT で 0.8% 上昇、WTI は 0.9% 上昇
  • OPEC+は200万bpdの減産計画を堅持
  • より多くの中国の都市がCOVID-19の制限を緩和

[メルボルン 5日 ロイター] – OPECプラス加盟国が欧州連合(EU)の禁輸措置とロシア原油の上限規制を前に、生産目標を堅持したことを受けて、月曜日の原油価格は最大2%上昇した。

同時に、燃料需要の前向きな兆候として、より多くの中国の都市が週末にCOVID-19の抑制を緩和しましたが、月曜日に政策のパッチワーク緩和が全国的に混乱を引き起こしました.

ブレント原油先物は最後に 72 セント (0.8%) 上昇して 0430 GMT で 1 バレル 86.29 ドルになりました。一方、米国西テキサス中間 (WTI) 原油先物は 70 セント (0.9%) 上昇して 1 バレル 80.68 ドルになりました。

石油輸出国機構 (OPEC) とロシアを含む同盟国は、合わせて OPEC+ と呼ばれ、日曜日に、11 月から 2023 年まで 1 日あたり 200 万バレル (bpd) の生産量を削減するという 10 月の計画を堅持することに合意しました。

アナリストによると、OPEC+の決定は、主要生産国が EU の輸入禁止と 7 つのグループ (G7) による 1 バレル 60 ドルの海上輸送ロシア石油の価格上限の影響を確認するのを待っており、ロシアが遵守している国への供給を削減すると脅迫しているため、予想されていたものです。キャップ。

ナショナル・オーストラリア銀行のコモディティ調査責任者、バーデン・ムーア氏は「OPECは週末にかけて安定した生産量を維持しているが、引き続き市場の均衡を保つだろう」と述べた。

「(A) SPR リリースのロールオフ、および市場を引き締めるための EU 制裁と価格上限法の実施。ただし、市場はすでにこの見通しに対応していると予想されます」石油備蓄。

欧州連合は、ロシアの原油を中東、西アフリカ、および米国からの石油に置き換える必要があり、これにより、少なくとも近いうちに石油価格が底打ちされるはずであると、ウッド・マッケンジー副社長のアン・ルイーズ・ヒットルはメモで述べた。 .

「EUによるロシア原油の輸入禁止とG7の上限価格設定にもかかわらず、需要の伸びが鈍化するとの予想が現在の価格を圧迫している。EUの禁止と上限価格の調整は、一時的に価格を下支えする可能性が高い」とヒトル氏は述べた。

需要を圧迫している主な要因は中国のゼロCOVID政策ですが、北京や上海を含むいくつかの都市が抗議に続いてさまざまな程度で制限を緩和した後、現在は緩和しているようです.

ヒットル氏は、欧州連合(EU)が2月5日から原油に加えてロシアの石油製品を禁輸することで、2023年第1四半期の原油需要が下支えされるだろうと付け加えた。

メルボルンの Sonali Paul とシンガポールの Emily Chow によるレポート。 シンシア・オスターマンとケネス・マクスウェルによる編集

当社の基準: Thomson Reuters Trust Principles。



Source link