アジアの 12 か国が、死亡率の高い人気旅行先トップ 25 にランクイン


安全性でランク付けされた世界で最も訪問された 50 か国のリストでは、25 の最も死亡率の高い目的地のうち 12 がアジア諸国でした。

さまざまなガイドや必見の旅行先のリストを独占しているにもかかわらず、アジア諸国は、保険比較ウェブサイト The Swifttest が発表した最近の安全指数でうまくいきませんでした.

ランキングは、殺人率、交通事故死亡率、中毒死亡率、不衛生死亡率、伝染病による余命年数、外傷による余命年数、自然災害リスクの7つの要素で決定されました。

死亡率の高い国からインド、カンボジア、フィリピン、サウジアラビア、ベトナム、インドネシア、中国、タイ、イラン、ウズベキスタン、キルギスタン、マレーシア、アラブ首長国連邦が上位 25 位に入り、韓国、日本、イスラエルとシンガポールは下位 25 位でした。南アフリカは、観光客の死亡率が最も高い国にランクされました。

NextShark からの詳細: 科学者は、アジア系アメリカ人の不均衡ながん発生率の原因の 1 つに人種差別があると述べています

このリストでは、インドが 2 番目に死亡率の高い国、シンガポールが最も安全な国にランク付けされました。

最も訪問された50か国のうち、インドは衛生状態の悪さによる死亡率が最も高かった(10万人あたり18.6)。 同国の極端な富の格差も要因として挙げられており、推定 13 億人以上の人々が貧困と劣悪な生活条件の中で生活しています。

シンガポールは最も安全な国としてランク付けされ、殺人や交通事故による死亡率が低く、自然災害のリスクも低い. Swiftest は、シンガポールの安全性は、国内の犯罪に対する高い罰則と広範な警察の監視に起因すると考えています。

NextShark の記事: フィリピンの女優が辛いラーメンを食べた後、縫合が必要になった

殺人による死亡率が最も高い国のうち、フィリピンとインドが上位 10 位にランクインしました。

交通事故死が最も多い国のリストはアジア諸国が独占しており、サウジアラビア、タイ、ベトナム、マレーシア、イラン、カンボジア、中国が 10 位中 7 位でした。

NextShark からの詳細: タイの居住者は、26 階の高さの労働者のサポート ロープを切断した後、殺人未遂罪に直面しています。

中国、イラン、キルギスタン、ベトナム、ウズベキスタン、サウジアラビアは、毒物による死亡率が最も高い国として挙げられていますが、中国での毒物事件は過少報告されている疑いがあります。

NextShark の詳細: 地球温暖化により、中国の 6,000 近くの氷河が消失しました

インド、インドネシア、カンボジア、フィリピン、タイ、韓国を含むアジアの6カ国は、衛生状態の悪さによる死亡率が最も高いとされています。

ゲッティイメージズの主な画像



Source link