ロシアの原油の価格上限が開始されると、石油タンカーがトルコ沖で列を作る – FT


12月5日(ロイター) – 西側諸国によるロシア原油の上限価格設定の初日、石油タンカーがトルコ沖で交通渋滞を引き起こし、トルコ政府はすべての船舶に対して新たな保険証明を要求したと、フィナンシャル・タイムズが月曜日に報じた。

船舶ブローカー、石油トレーダー、衛星追跡サービスを引用して、約19隻の原油タンカーが月曜日にトルコ海域を横断するのを待っていたと報告書は述べた。

今週、G7諸国、オーストラリア、欧州連合27カ国がロシアの海上原油に課した1バレルあたり60ドルの価格上限が発効した。

この協定は、貨物が上限以下で購入された場合にのみ、G7および欧州連合加盟国、保険会社、信用機関からのタンカーを使用して、ロシアの石油を第三国に出荷することを許可しています。

ロシアは月曜日、西側諸国による石油の上限価格設定は世界のエネルギー市場を不安定化させるが、ウクライナでの「特別軍事作戦」と呼ばれるものを維持する能力には影響しないと述べた。

Financial Times のレポートによると、4 人の石油業界幹部は、トルコが措置に照らして海峡を航行する船舶に対して完全な保険適用の新しい証拠を要求したと述べた。

トルコ運輸・インフラ省は、ロイターのコメント要請に直ちに応じなかった。

船舶は、ロシアの黒海港と国際市場を結ぶ 2 つの海峡、ボスポラス海峡とダーダネルス海峡の近くに錨を下ろしていました。

最初のタンカーは 11 月 29 日に到着し、それ以来待っていた、と報告書は匿名を希望した船舶ブローカーの言葉を引用した。

バンガロールのBharat Govind Gautamによる報告。 Sandra Maler と Jan Harvey による編集

当社の基準: Thomson Reuters Trust Principles。



Source link